2006年 10月 20日
泣くよ。少し。
c0025528_1211824.jpg
夫不在中につき、レオとふたりのん気な手抜き夕飯ばかり。
この日は焼きうどん。
焼きうどんと来ればソース!と思っていたけれど、私の母が作ってくれていた焼きうどんはそうでなかったことを、ある日ふと思い出した。
煮干の粉、塩、お醤油、お酒、だけの味付け。
うどんについてる黒い点々が煮干の粉。懐かし~い味!
白菜やニラも入れたし栄養満点!?本当に一品で終った夕飯でありました。ハハハ。

前回のレオのプリの記録。

今日はおっきな学校の日だと知ると、「なんでー。いやだ・・・。」と言っていたけれど(笑)、車には素直に乗ってくれる。
車を走らせる中、後ろで、「ママ、レオ、おっきな学校いったら、泣くよ?少し。」と言う。
「いいよ、泣いても。」と答える。

「でもレオは少し泣いても、すぐに楽しそうに遊んでるじゃない。」と言うと、「でも、レオ、泣くよ。少し。」と。
なんだかおかしい。

泣いちゃダメ、とかっていうのはあまり言いたくないのだけれど、一応「でもママはレオが泣くと悲しいから、泣かなったら嬉しいなぁ・・・。」と呟いてみた。
すると後ろでは、「・・・。」
無言であった。(笑)

プリに着いてもこの日は素直に車を降り(!)、クラスまでもトコトコと歩いて行く。
パーキングで一緒になったママ友が、そんなレオに目を丸くして、「あれ、今日どうしたの!?」と小声で聞いて来た。いつもは大抵この時点で既に暴れ泣きするレオを、私が必死に抱きかかえ歩いているからなぁ。

クラスに着いて、先生に「Good morning,Leo!」と明るく挨拶され、いつもは大号泣なのに、トコトコ歩いて進み、それから振り返って私に小さく手を振った。
先生に小声で「今日は泣いてないの・・・!」と言うと、先生も親指を立てて何度もグッジョブ!の合図をし、「今日はビックステップね!」と。

レオはもう全然大丈夫だった。
手を洗いに行き、戻って来てからレゴで普通に遊んでいる姿が外から見えた。
びっくりしたのと、ほっとしたのと、そしてやっぱりとっても嬉しかった・・・!
スクールを出て車の中、ハンドルを握りながら、何度も何度もその時のレオの姿を思い浮かべ、すごくすごく幸せな気分だった。
レオもやっと慣れてくれたんだ・・・!

初めて泣かずにプリスクールに行けた日。
6週間目。
クラスが終って出てきたレオはニコニコ。
一杯ぎゅっと抱きしめて一杯ほっぺにチューをする。

クラフトも作ったそう。上手じゃん・・・!(思いっきりグルグルしてるだけだけど。笑)
c0025528_11595626.jpg
ここまで来るの、長かったような短かったような、でもまだ安心しちゃいけないような・・・。(笑)
[PR]

# by berty | 2006-10-20 12:17 | こども・子育て
2006年 10月 17日
もうすぐハロウィーン!
c0025528_5291254.jpg
c0025528_5293293.jpg

先日紅葉を見に行った帰り。
もうすぐハロウィーンということで・・・
c0025528_5303690.jpg
c0025528_5313176.jpg
かぼちゃの山・・・!
c0025528_5323339.jpg
レオはお決まりのカートで夫に延々ぐるぐると・・・。
c0025528_5335180.jpg
ここには新鮮な野菜やジャムなども売られていたので、私はピーチジャムを買って帰る。
(食べたけど、スパイスが効いてて夫以外には不評。夫よ、残りは頑張って食べてね。)

帰りはこんな景色にも出会えてハッピーな気持ちになったのでした。
c0025528_5355841.jpg
地平線にかすかに見える虹。分かるかな・・・?

もうすぐハロウィーン。
楽しみだな。
[PR]

# by berty | 2006-10-17 05:37 | おでかけ
2006年 10月 12日
「雪が、いっぱいいっぱい降ったらね。」
今日は朝から雪が。
この冬初めての雪。
・・・って、ちょっと早くないか?

レオは朝起きて、雪が降るのを見つけると、「やったー!やったー!雪だ~!」と大喜び。
そして、「ママ、赤ちゃん、生まれるね~♪」とニコニコ。

実は、来年我が家に新しい家族が増える予定で、レオに「いつ赤ちゃん生まれるの?」と聞かれる度に、「雪がいっぱいいっぱい降ったらね。」と答えていたのでした。
雪を見た後、「ママー、お腹見せて!赤ちゃん生まれるかもよ~!」とまで言われ・・・(苦笑)、お腹を見せると、「まだじゃん!」と自分で突っ込んでいたけれど。ハハハ。おかしい。

この後レオは中庭に出て暫く遊んでいた。
寒いのに・・・。
c0025528_720962.jpg
集めた雪を家の中に持って入り、小さな雪だるまを私と一緒に作ったり、後はひとりで雪の料理の真似事をしたりしていた。
珍しいのは今だけで、これから嫌と言うほど降るだろうに。
今年の冬は寒いそうです。

これは昨日の夕飯。
c0025528_723138.jpg
ずっとお肉が食べれない(食べたくない)状態でしたが、最近になってやっとモリモリお肉も食べたいぞ!という気持ちになり、お醤油とガーリックパウダー、その他のスパイスをすり込んだスペアリブと、ローズマリーとオリーブオイルをすり込んだじゃが芋、かぼちゃをオーブンで焼いたのでした。
c0025528_7252223.jpg
お~し、かぶりつくぞ~!
という割には、量がちょっと少なかった・・・かな?
あっという間に胃袋に収まりました。
[PR]

# by berty | 2006-10-12 07:32 | 日々のこと
2006年 10月 12日
初めての運動会
先週の日曜日はレオ人生初の運動会だった。
この地域唯一の日系幼稚園の運動会に、レオの通っている子供クラスが参加させてもらうことになっていて、日本のプチ運動会を親子共に体験することができた。
夫もこの日を「楽しみだー!」と言っていて、でも風邪気味だった為、前の晩はルルを飲み、張り切ってレオと共に9時前に寝ていた。(笑)

c0025528_6545660.jpg

当日、レオの3歳組ははラジオ体操にリレーや玉入れ、綱引きにダンス、と盛り沢山の出場だったけれど・・・
全競技、漏れなく私か夫の付き添い付き。
でないと嫌がって脱走してくるのです。
私も頑張って前半はレオと共に行進から何から何まで全てフル出場。

ボールを布の上に乗せて親子で両端を持って走る親子競技には夫が参加。
途中ボールが落ちてしまい、そこからレオは布を持つ事も走る事も拒否。
その間に他のチームは次々とアンカーがゴールしてしまい・・・
運動場の真ん中に、必死に説得する夫とレオのふたりきりの姿が・・・。
先生が見かねて走って行き、レオの手を夫と引っ張るものの、レオは歩くことも拒否して、捕らえられた宇宙人のように、両足をずるずると引きずられる始末。
最後は夫が抱っこして走り、なんとかゴール。
あー。ハラハラした。
もちろんレオのチームはビリだったので、一組だけで走らなくちゃいけなくなったアンカーの親子にはとても申し訳なかった。

色々あった運動会だけれど、ここに書きつくせないなぁ。
でも綱引きだけはむちゃくちゃ張り切ってやっていた。
帰ってからもその話をする。
「レオ、転んじゃったんだよ。ここ(唇)にゴチン!ってなったんだよ。でもレオ、がんばったんだよー。」とか。(笑)
あと、夫が出た競技で、夫の走る姿が目に焼きついたらしく、「ダディー、走ってたね?早かったね!」と嬉しそうに何度も話したり。

運動会の最後は、親子、先生、全員が手を繋いで輪になって踊った。
レオはもちろんみんなと踊る事を拒否するので夫の抱っこでやったけれど、これが楽しくて、レオもゲラゲラ笑い、私も楽しかったー。

ハラハラの運動会だったけれど、なんだかとても楽しかった。
レオが大きくなって、私達の世界も広がっていくんだなぁ・・・て思った。
いつかこの初めてのこの運動会を懐かしく思い出す時も来るんだろうな。
来年は私達がずっと付き添わなくても大丈夫なくらい、ひとりで出場してくれると良いけれど・・・!
[PR]

# by berty | 2006-10-12 07:06 | こども・子育て
2006年 10月 11日
一番スムーズだった日
毎朝、「ママー、今日どこ行くの?」とレオは聞いてくるのだけれど、プリスクールの日のこの質問が気が重い。
「今日はおっきな学校(プリスクール)だよ。」と言おうものなら、そこから「やだ~!」と、朝の大騒ぎが始まるから・・・。
この日も聞かれ、おっきな学校であると伝えると、案の定、「やだ。」ときっぱり。
でもそこまでヤダヤダ!という感じではなかったので、支度が終って余った時間で、プリスクールの先生の話や、ママも先生が大好きであること、先生もレオが大好きで、いつも優しいねー、とかそういう話を膝の上でした。(今までも何度もしているのだけれど、この日は素直に聞いていた)
その後車に乗るのもスムーズに乗ってくれ、スクールの駐車場からクラスまでも、すんなりと歩いてくれた。

教室の前に来るとやっぱり逃げ出したけれど・・・!
隠れた所を捕まえて抱き上げると、「イタイ!」と言う所から始まって、またいつものように泣き出した。
でも、先生に引き渡し、泣き喚いて真っ赤になった顔の目の中に、かすかにあきらめの表情があったことを、母は見抜いたゾ・・・!

「Wash your hands!」と歌うように先生に言われ、抱かれたまま連れて行かれていたけれど、戻って来たら泣き止んでいて、マジックペンでお絵描きをしている姿が廊下の窓から見えた。

この日クラスが終って先生が渡してくれた紙。
「Leo was able to name the colors that circled.」(レオは丸で囲んである色の名前を言う事ができました。)という物で、今日のクラスのテーマのひとつだったよう。
c0025528_81107.jpg

「Told me these in Japanese!」と書かれてもいて、レオは日本語で色の名前を先生に言ったようだった。
ちょっと嬉しかったな。
先生とコミュニケーションをしてくれたことが。

プリスクール、もう少しかな。
きっと別れる時はまだまだ泣く日が続くのだろうけど、レオはきっとこのふたりの先生の事は好きに違いない。
だからきっと、もう少しかも。
ガンバロ、ガンバロ。
[PR]

# by berty | 2006-10-11 08:35 | こども・子育て
2006年 10月 07日
湖の紅葉
また今週も懲りずに紅葉を見に行く。
今日訪れた町はハロウィン一色。
この辺りのハロウィンの雰囲気はとっても正統な感じで、NYのそれとは全然違うなー・・・といつも思う。
c0025528_11584931.jpg
今日はお弁当を持って来たので、お弁当を食べる場所を車でぐるぐる探す。

ここに決~まり!
c0025528_1205067.jpg
静かな湖の側の大きな木の下。
右端のベンチに見える小さな黒い影は、車から降りて一目散に走って行ったレオ。
c0025528_1216100.jpg
ち~と風は冷たいが、家族みんなで外で食べるご飯はとってもおいしい・・・!

お弁当を平らげた後は、その辺をお散歩。
c0025528_124674.jpg

木の切り株に座って木とお話するレオ。
c0025528_12101034.jpg

肝心の紅葉は・・・車から見るばかりであまり写真を撮れなかったけれど、とてもキレイだった。
アメリカの木はでっかい!なので紅葉もかなり見応えあり・・・!で、堪能できました。
c0025528_1264440.jpg


ところで明日はなんと、レオ人生初の運動会・・・!
この地域に唯一ある日本人の幼稚園主催の運動会に、レオが参加している日本人の子供サークルがそれに一緒に参加させてもらうのです。
この為に往復1時間40分もかけて通い、運動会の練習をして来たレオ。
でも団体行動がキライで、人から指示されて動くことがどうしてもイヤなレオ、練習でもなかなかみんなと同じようにしてくれず・・・練習にはいつも私もつきっきりでリレーしたり綱引きしたり・・・親の私の方が毎回大くたびれ。。。
明日はどうなることやら・・・。
でもとっても楽しみ♪
[PR]

# by berty | 2006-10-07 12:21 | おでかけ
2006年 10月 06日
プリスクール記録
今日は8回目のプリスクール。
昨日から、明日ひとりで学校に頑張って行けたら、動物のレゴ(レオがプリスクールにあるのと同じ動物のが欲しいと言う)を買ってあげる、とダディーと約束。

でも朝からやっぱり乗り気ない感じ。
レゴも要らない、ときっぱり。(やっぱりね。そう来るか)
じゃ、学校に行く前に、ママと家の前の落ち葉を見に行こう、と言うと、やったー!と喜び張り切って靴を履く。
暫く嬉しそうに家の前を駆け回ったり、木に登ったりしていたが、車に乗せる時間になると途端にヤダヤダと駄々をこね始める。

逃げるレオを追いかけてつかまえ、暴れるレオをひしと抱え、カーシートにドスンと乗っけ、ベルトを無理矢理締める。
車を走らせてからも「やだー!」と喚きっぱなし・・・。
ここがすごくストレスがたまる時間。
しつこいので「やだやだってレオが言うからママもやだー!」と今日は思わず私も喚き返した。
レオは仕舞いにはわ~ん!と泣き出し、私はハンドルを握ったまま、「はー・・・これがいつまで続くのだろう・・・?」とウンザリする。

クラスに着いてもまた逃亡するレオをつかまえ、暴れるレオを抱きかかえ、しがみついて離れようといないレオを先生と引き剥がす。
先生に抱かれて「やだーっ!」と両手を伸ばして真っ赤な顔で泣くレオに、「がんばれ!」と心の中で呟きつつ、頭を一撫でしてそのままとっとと出る。
先生に後で、「You're doing good.」(あなたはよくやってるわ)と言われた。
この時の私には、どんな些細な言葉でも嬉しかったりする。

今日ひとつ進歩したなぁと思ったのは、最初クラスに入れられて泣いていたレオが暫くして泣き止んだ時。
その教室にいるレオと、廊下で他のママ友たちと話をしていた私の目が窓越しに合ってしまった。
あ、ヤバイ!私がここにいるのが見つかったらまた泣いて「ママー!」となるかなぁって思ったら、泣かずにこっちをじっと見つめる。
私がうんうん(がんばれ~!)と頷く仕草をすると、レオもうんうんと頷いて「ママ、そこにいるんだね?」という感じに話しかけていた。(そんな風に言ったようだった)
脱出して来なくて良かったー。外にいる私の顔を見ても泣かないようになったみたい。

2時間後、早めに迎えに行くと、ちょうど地下の体育館にみんなで行く所だった。
陰から見ていると・・・教室を出た瞬間、外へ走り出ようとしたり、列にまっすぐ付いて行かなかったり、途中で立ち止まって何かをするレオに対し、先生が「レオ!」と声を掛ける声が何度か聞こえる・・・。
でも体育館に着いてからは、水を得た魚のようにグルグルと走り回り、とても楽しそうだった。

今日は全員でローラーを使ったペイントをしたらしい。
みんなとても楽しんでいた、と先生が言い、その後、「あ、レオはしなかったけれど。」と言われた。
Yes,I know,いつもそうだから・・・。と私も答える。
先生に、「レオ、これやらない?楽しいわよー」ってきっと何度か声を掛けてもらったんだろうな。
でもレオは頑なに首を横に振ったに違いない。

みんなそれぞれペイントをした色紙を腕に抱えて出てくるが、手ぶらのまま出てきたのはレオひとりだった。

でも後から、バックパックの中から色鉛筆で書いた絵を一枚取り出し、「これ、海だよ!」と見せてくれた。
みんなと同じ事は今日もしなかったけど、でも別の絵を描いて来たんだね。
いい、いい。なんでもいいよ・・・!
[PR]

# by berty | 2006-10-06 12:35 | こども・子育て