<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2007年 01月 26日
37週6日
昨日お腹が痛かった事を友達が心配して朝早くに電話をくれる。
「生まれちゃってたらどうしようかと思って~・・・!」と言われた。(笑)
昨日のあの時、私の顔色も悪かったそうで、結局心配をかけちゃった。

でも今日は痛みはなく、でもちょっと家の中を歩くだけでもお腹が張る。
それと右足の付け根がつって、ひどく痛くなったりする事が今日は数回あった。

それでも午前中はトイレ掃除や洗濯、片付け等。
明日、とうとう日本から父達が来る・・・!
来てくれたらもう安心だけど、でもまだ部屋の準備も整ってない~。

午後からはトールペイントのクラスへ。
去年の10月から始めたこのトールのクラス。とっても楽しい。唯一の私のための時間です。
(レオ達は他の部屋でみんなで遊んで待ってくれている)

夕方終って家に戻り、明日の為の煮物を作ったり、あっという間にレオによって散らかされた部屋を片付けたり・・・。
遠く日本から来てくれる父達の為に、せめてご馳走を用意したいけれど、何も出来ず。
レオの出産時にも母が来てくれた時は前日に歩いて買い物に出かけ、ご馳走も何品も作った記憶があるのだけれど、やはり今回は違う~。年も違うし~。

体がきついし、お腹が張るので、レオがいつものように私にちょっと体当たりしてきたりするだけで、「コラ!」。
ちょっとしたことでもイライラ。
臨月は精神的にも不安定な時期らしいそうだけれど、私がかなりのイライラ気味でレオがかわいそう。
家に戻ってご飯を作ったり色々用事をこなさくちゃいけない中、延々レオに話しかけれることにも疲れてひどくうるさく感じられ、「あーそう。すごいねー。」「へー。いいなー。」とか適当に返事をしてしまう。
ふと我に返ってレオの顔を覗き込むと、にっと笑って私を見つめ返すその目のきれいなこと。
ごめん・・・。

もうしんどいので早く生まれて欲しい、早く元の体に戻りたいという欲求が臨月を入り強くなったけれど、今日クラスで、「そう思ってて産まれたら、お腹にいる時の方が楽だった~って思うんだよね~。」と皆言っていて、そうか・・・、そういえばそうかも・・・思いつく。
またあの寝れない生活が始まるんだよね。
[PR]

by berty | 2007-01-26 13:40 | 妊娠・出産(アメリカ)
2007年 01月 25日
37週5日
今日は午前中にプリスクールのカンファレンス。
子供は連れて行ってはいけないので、同じプリのママ友の家にみんなで子供達を10時に預け、自分の時間が来たらプリスクールへ行って先生と面談。

先生には「He's very sweet boy!」と言われた。
プリにはすっかり慣れたし、色々な遊びをしていると。
問題もなさそうだけど、片付けのアシストの欄にはP(Poor)のマークが・・・。
片付けはあまりしないらしい。やはりそうか。
家でも何度言ってもしなかったレオだけれど、でも最近、「レオもやる~。」とか言ってやっと少しやるようになってきた所。
先生にもそれを伝えて、片付けの時、何度も彼に促してくれるようにお願いする。

帰ってレオに学校でお片づけしてるかと聞くと、「してるよ。」だと。
じゃぁ今度からも、お片づけの時間はみんなと一緒にちゃんとお片づけしてね、と言う。

今日はそのままレオを預かってもらい、午後から検診へ。
最後のウルトラサウンド、ノンストレステストを受ける。
ウルトラサウンドではかなり長い時間をかけてやってもらった。(研修生もいた為)
この時期仰向けに寝る事は辛いので、最後の方は疲れて「もう限界ですぅ~。」と言いたくなった・・・。(言えなかったケド!)

でも赤ちゃんの顔もはっきり見れて感動。
目を閉じ、左手で目をこすったりしていた。
ほっぺもふっくらで、気持ち良さそうな顔をしていた。
「夫に似てるなー。」と思った。

その後またソファーに寝た状態になってノンストレステスト。
お腹に機械を巻いて、赤ちゃんの心拍と動きをチェックするのだけれど、この間、長いウルトラサウンドでぐいぐいやられて赤ちゃんも疲れたのか、ぐっすりと眠っている様子。
ピクリとも動かない。
でも動かないとチェックにならないようで、ナースが時々来ては、お腹にブザーを当てて鳴らしてみたり、お腹をコチョコチョくすぐってみたり(私がくすぐったいよ・・・!)、ミントキャンディを食べさせられたり・・・あの手この手で起こそうと試みるが、赤ちゃんはぐっすりご就寝。全く動かず。
その為に私はまたずっと同じ姿勢で寝かせられたまま・・・。
「起きてー。」「動いてー。」と私もお願いする。

普通20分位で終る所、私は倍の時間取り続け、最後の方にやっと動き始めてくれて、それをチェックした後にようやく終る。
長かった・・・。

その後内診。
子宮口は「not really open」、でも指で頭を触れたそうで、pushingしているから、体がきついでしょう?と言われた。
そしてウルトラサウンドの結果も、ノンストレステストの結果も良好とのこと。
今の赤ちゃんの推定体重はなんと3100g。
でかい・・・!と私はびっくりしたけれど、先生はJust Sizeとのことで丁度良いらしい。
レオが産まれた時の体重が2690g、それを小さいと言って今回もウルトラサウンドを受けることになったのだけれど、日本だとレオの体重はそこまで心配する程小さくもないような・・・。
日本のように小さく生んで大きく育てる、という観念はないようで、とにかく低体重児の方を心配するようだ。

というわけで、今日は帝王切開の予定日が、2月14日に決定・・・!
この日がギリギリ待てる日にち。
この日までに自然分娩できなかったら、バレンタインデイが赤ちゃんの誕生日になる。
Sweetな日だから、それもちょっと嬉しい。

2時間以上の長い検診を終え、レオを預かってくれているママ友の家に一目散に帰る。
それからプリの先生から頼まれた作業をやったりする。
6時頃、そろそろ帰らなくちゃ・・・と思い始めた頃に、下腹が痛くなってきた。
心配をかけては悪いので、もう帰るね、って言って、片づけをしたりレオを促したりしたけれど、友達が後でレオを家に送ってくれることになって、私だけ先に帰らせてもらう。
家に帰りソファーに横になるけれど、痛みは治まらず、お腹も張っている。
でも痛みが定期的に来る訳でもなく、ずっと痛いので陣痛ではない。

レオが戻って来て、お腹痛いと言う私に毛布をかけてくれたり、大人しくしてくれていたけれど、「ママ、お腹すいた。」と。
もう7時なので、確かにすいただろうと、起き上がってご飯の支度をする。
その頃には少し痛みも引いて大丈夫になってきたような気がする。

その後レオをお風呂に入れたりする間、痛みは治まったけれど、何かお腹が張るような感じで歩くのがやっと、と言う感じだった。
その後、お腹の痛みと張りが来たり止んだりを繰り返す。
もしかしたら前駆陣痛かな?

長い一日だった。
疲れた。
[PR]

by berty | 2007-01-25 13:03 | 妊娠・出産(アメリカ)
2007年 01月 24日
チキン
c0025528_0464040.jpg
久々の夕飯アップ。
チキンをSweet Onion、ブロッコリー、、マッシュルーム、インゲンと一緒に炒めたもの。
味付けはこれ・・・!
c0025528_048522.jpg
Trader Joe's新発売のLemon Pepperと、Tuscan Halian Dressing(バルサミコ風味のドレッシング)。
昨日Trader Joe'sに買い物に行ったら、試食コーナーでこのチキンが出されていた。
食べてみたらおいしかったので、作り方を聞いたら、ガーリックパウダーと、このふたつの調味料を使ってとのこと。
ドレッシングをサラダのみでなく、料理の味付けとして使う事はアメリカではよくあること。
私はなんか体に悪そうでドレッシングを料理に使うのは抵抗があったのだけれど・・・でも昨日は早速買い込んで夕飯にてみた。
野菜を加えたことと、チキンを炒める時に赤ワインも一緒に煮込んだ以外はオリジナル通り。

夫が「お!お肉、いいねー♪おいしそう!」と言って嬉しそうに食べていたけれど、暫くしてから、「これ、おいしいけどなんか・・・」と言う。
「おいしい。なんかレストランの味だね。」だってー。
「レストランの味」というのは、アメリカに住んでいる私達にとっては褒め言葉ではなく、既製品の味、という意味なんだろう。
さすが毎日私のご飯を食べている人。見抜いたな~。
でもそうだね。確かにこれは既製品のアメリカの味です。でもたまにはいいでしょ、たまには。
なんやかんや言いつつも、お代わりもして全部食べてるし・・・!

見抜かれたと言えば、NYで働いていた時のこと。いつもお弁当を作って持って行っていたのだけれど、その時に友人の分も作っていて、ある日、蓮根を唐辛子とめんつゆで炒めた簡単料理を持って行ったら、その友人が、「これ、どこで買ったの?bertyが作った物じゃないでしょ?」と言うので、「私が作ったんだよ。」って言うと、「これはbertyの味じゃない・・・!」と。
あの時はびっくりした。めんつゆを使っただけなのに。
それに夫でもないのに、私の味が分かるのね~!と妙に感心した。

ところでこのドレッシングはいいとしても、Lemon Pepperはお勧め・・・!Pepperの他にSea SaltやOnionも入っていて、これだけでお肉や魚にも使えるし、サラダにも良さそう。
これは次回日本に帰る時、料理好きの友人にお土産にしてもいいな~。
[PR]

by berty | 2007-01-24 01:08 | うちごはん
2007年 01月 23日
妊娠37週3日
出産まで体調をキロクしておこう。

今日は久々にすご~く体調が良くて体にもエナジーがみなぎっている感じ。
少し早めの時間に寝たのが良かったのか、トイレに起きる回数はいつもと同じだったし・・・。
というわけで、朝から掃除洗濯の家事に精を出し、午後からは買い物を3件。(トレジョーと、TJ MAX、GAP)
家に帰ってからも、夕飯作りの他に野菜の下ごしらえ等をし、レオをお風呂に入れて寝かしつけた後はアイロンかけ等・・・。
ガンガン働ける~という感じだった。

で、寝る頃には・・・体が張って痛い。腰も背中も、腕の付け根も張ってる感じ。
夜中にトイレに起きる時は恥骨辺りも痛いし、文字通りヨタヨタと歩く。
ちょっと体調がいいからって、さすがに動きすぎた・・・?

明けて今日はダルダル。
寝不足な感じだし、体もだる~い。
お腹もすごく張っていて歩きにくい。ヨタヨタとカニ歩きになってしまう。
おまけにレオまで「ねむいから学校いかない。」と言う。

今日も色々やらなくちゃいけないことがあったのに、残念ながらまたできなさそう・・・。
今日から3日間、夫は出張で不在だし、何事もありませんように。
[PR]

by berty | 2007-01-23 01:15 | 妊娠・出産(アメリカ)
2007年 01月 21日
37週検診
臨月に入ってから急に体もきつくなって、あと数週間もこの体で持てるかな~と自分でも心配な最近の私。

妊娠してからというもの、毎晩3回位トイレに起きるようになっていることもあるせいか、朝起きても体がだるくて何もする気になれない程だったり、パソコンを見ると頭がクラクラするようであったり、ご飯を一品作るだけでも「ふ~・・・!」という感じで、最近は本当に手抜きご飯、手抜き家事ばかり。。。

レオを妊娠していた時は全期間すこぶる好調で、臨月でも小走りできるよ?ってな感じだったけど、今回はしんどいな~、きついな~、ばっかり言ってる気がする。
と、年のせいかしら・・・?

今週、めでたく37週に入った。
一般的には37週に入れば、正期産の域に入るはず。もういつ産まれてもいいということ。
そう、もういつ産まれていい位に私のお腹も膨れてるよ・・・!
ここ数日で、ずっとできてなかった妊娠線もまたもやピリリ・・・とできてきたよ。
妊娠線予防のクリームは毎晩塗っていたけれど、ここに来て更にせり出したお腹に、さすがの皮膚も耐え切れなかったみたい・・・。
毎日見てるはずの夫も、お腹に目を留める度に、いちいち「でかい・・・。」と感心してるし。

今週の検診から、いつもの尿検査、血圧チェックに加えて内診も始まった。
とてもナイスな女医さんなので、内診もどんと来~い!だ。
内診の結果、まだ子宮口は開いていないとのこと。
でも赤ちゃんはVery Lowと言われた。
日本で言う、「下りてきた」ということかな?

そして来週、再度のウルトラサウンドと、ノンストレステストを受け、それで帝王切開をする日を決める事になった。
その日までに自然陣痛が来なかったら、帝王切開で生むことになる。
まだ子宮口は開いてないそうだし、いつ陣痛が来るかなぁ・・・。

次の日のプリスクールのお迎えの時には、ママ友みんなに「お腹が下りて来たね!」と言われた。
自分では分からないのだけれど・・・。
でもここ数日で、お腹の空き具合が違って来てるので(お腹が空くようになって食欲が増した感じ?)、本当に下がってきたのかもしれない。

来週末には日本からヘルプで親も来てくれるので、いよいよという感じ。
しかしまだ名前は決まってないわ、部屋も準備できてないわ、体はきつくて物事は全くはかどらないわ、で、最後までどたばたしそうな予感・・・。
上に子供がいると、妊娠期間はのんびりとか、ゆったりとかは全く出来ないものなのだと、つくづく痛感です。
妊娠中もどたばた、出産直前さえもどたばた・・・レオを妊娠していたあの、さも妊婦らしい、平穏で平和な日々は、今回ついぞ来ないままだった気がする・・・。
[PR]

by berty | 2007-01-21 14:16 | 妊娠・出産(アメリカ)
2007年 01月 19日
夫婦でデートランチ?
先週の土曜日、病院ツアー(出産前に病院の部屋の様子を見て回る)に行って来た。
本当はもっと早い時期(遅くとも8ヶ月とか?)に行くべきだったのに、ボヤボヤしてたら、臨月に慌てて行くという・・・。
子供は不可だったので、近所のお友達がレオを預かってくれ、しかも「ランチもして来ていいよ!」と優しい言葉を。
レオは紙袋に入れたお友達へのお土産を自分で片手に持ち、張り切って友達の家にお邪魔していた。(笑)

病院ツアーは、レオの出産の際の時と、まー殆んど同じかな?
陣痛が来たら何も食べてはいけなくて(日本では陣痛が始まったら体力をつける為に軽い物を食べなさいと言われると思うのだけれど・・・?)、病院に入ったら氷しか口に入れてはダメだとか・・・そういう説明を所々受けつつ、LDR(陣痛と出産を一緒にする部屋)や、新生児室なんかも見て回った。
産まれたばかりの新生児、やっぱりかわいい!目が釘付けになってしまった。
赤ちゃんが生まれると院内でオルゴールの音楽が流れるみたいで、その日もその音楽が鳴っていて、あー、たった今、ここで新しい命が産まれたんだーって思うと、それだけで感動した。

普通分娩の際は入院期間は2泊3日、帝王切開は4泊5日、ここの病院に入院するのだけれど、まーそんなもんでいいかも・・・というのが、私のアメリカの病院の感想です。
日本の病院みたいに美味しいご飯とか出ないしな~。

さて。無事にツアーも終わり、友だちの言葉に甘えて夫とランチ♪
でも行く所なくて・・・結局近くのイタリアンへ。
アペは夫が全部決めましたが・・・

牛肉のカルパッチョ。
c0025528_1431279.jpg

生ハムとルッコラのサラダ。
c0025528_1433854.jpg
なんか両方お肉だし・・・。
私はお肉系は妊娠以来あまり欲しくないのよ・・・。生ハムは全然食べたくないし・・・。

そしてここのレストラン自慢のピザ。(生卵が乗っていてそれをつぶして食べる。)
c0025528_1443943.jpg
っていうか、また生ハム乗ってるし・・・!?

あとはトマトパスタ。
c0025528_14103248.jpg

なんか微妙にメニュー選びを間違った気がしますけれども・・・?
まー、そこそこ美味しかったし、ふたりで少し時間に焦りつつも(レオのピックの時間が気になって)、ゆっくり食べれたので良かったかな~。

夫婦ふたりきりでご飯を食べるなんて滅多にないから、もっとこういう機会が持てたらいいなぁって夫もよく言ってくれるのだけれど、なかなか実現は難しいもんね。
でもこの日は友達のお陰。ありがとね!
[PR]

by berty | 2007-01-19 14:12 | 妊娠・出産(アメリカ)
2007年 01月 16日
3歳9ヶ月のレオのキロク
最近のおもしろい言葉。

「喜んでる」 → うれしんでる。
          「ママ、どうしてあの人うれしんでるの?」
          「ママ、これをあげたら、うれしんでくれるかなぁ?」
          などと活用。

「匂ってみて」 → 「くさってみて!」
           言われる度に笑ってしまう。

「食べる」 →  「ぱえる」
         「これ、食べる?」と聞くと、「ぱえる、ぱえるぅ~!!」と元気なお返事が。
         「レオ、これ、ぱえてみたい!」 とか、
         「みかん、ぱえたい。」などと、いつまで経っても直りません。

可愛いのは、何につけ、「ね♪、ママぁ~?」と語尾にこの台詞を歌うような感じにつけること。
「ママ、これ、レオがしたんだよねー、ね♪、ママぁ~?」と。

「かわいい!」とレオの事を褒めるとかなりご不満。
「レオ、かわいいじゃない。かっこいい。」と、必ず訂正され。
でも、親の私達から見たら、3歳のレオはど~したって「かわいい」。
なので、ついつい「かわいい♪」と言っちゃうんだよな~。
なるべく気をつけて「かっこいい!」と褒めるようにしているけれど。
          
他には、一生懸命話す時、やたらと「あのぉ~、あのぉ~、レオがこうしてー、そんで、あのぉ~・・・」と、あのぉ~を連発。
聞いてるこっちは、「が、がんばれぇ~。」と思わず応援してしまう。

そんなレオもいつの間にか、すっかり男の子になり、ダディと自分は男の子、ママは女の子ってちゃんと認識している。
そのママは、レオにとっては守るべき存在のようで、ダディがママに近づくと、「シュワッ!」とウルトラマンにすかさず変身し、ダディをやっつる。
この間、どうしてダメなの?と聞いた夫に、「だってママはレオのママだから。」って言ったそう。

ママにはとても優しいレオ。
「ママ、かわいいね♪」とよく言ってくれるし、新しい洋服を着ると必ず気づいて、「ママ、これどーしたの?かったの?ママ、かわいい♪」と褒め言葉つき。(笑)
私達の結婚式のビデオを見たがり、「だってママ、かわいいから。」とか言ってくれるし~。(この年になってこんなに可愛いと言ってくれるのはもうレオだけだよぉ~。感涙)

「つかれた。」って呟けば、「ママ、ソファーにゴロンしたら?」と必ず言ってくれるし、時には注射も打ってくれる。(笑)
夫のいる週末なんかに、何気なく「お茶飲みたいな。」って言ったら、すかさず夫の所に走り、「ダディ!ママがお茶飲みたいって!」って言ってくれる。(そして本当にお茶をついでくれなくてはいけなくなる夫。笑)
他にも、「ママ、これもっと食べたいなー。」と、思わず呟くと、「ダディ!ママがこれ、ぱえたいって!」と、夫のお皿を取り上げようとまでする・・・。
夫と口喧嘩っぽくなっても、「ダディ、ママに優しくして!」と言ってくれるし。
優しすぎてありがたいです。夫は可哀相だけど・・・。

でもそんな夫とも、最近はすごく仲良くなり、今までは完全なママっ子だったのだけれど、ウルトラマンなどが好きになってからは、遊びが戦い系に移り、その相手には夫が一番な様子。
そうして夫と遊ぶのが大好きで楽しくてたまらないようで、毎朝、「ダディ、きょう会社?」と聞き、休みの日はもう大喜び!
「ダディ~!あそぼ!」と叩き起こし、一日延々と夫に遊びを仕掛けている。
疲れている夫は益々疲れていき・・・しかも遊びは容赦なく、戦う時も本気でレオは向かっていっているので、夫は「いてぇっ!」と本気で叫び声をあげる時もあり、なんかかわいそ~と思いつつ、私にはもうレオの相手は無理だーと思うのであります。

もうすぐお兄ちゃんになるレオ。
「これ、赤ちゃんにあげる。」とよく言って、自分の小さなおもちゃを赤ちゃん用のタンスに入れたりしている。
「レオ、はやく赤ちゃんに会いたいなぁ・・・」と呟く事も多く。
でも、「レオ、赤ちゃんが生まれたら、ママは赤ちゃんをお世話したり、ずっと抱っこしなくちゃいけなくなるんだよ?それでもいい?」と、ある日聞いてみたら、「やだ。」ときっぱり言われた。
「どうして?」と聞くと、「ママはー、レオを抱っこする・・・・」と呟いていた。

私に対しても色々お世話を焼きたがるレオなので(お風呂上りに自分のタオルで私の体を拭いてくれたり。笑)、赤ちゃんのいいお兄ちゃんになるだろう、と思いつつも、やっぱりこの辺は複雑そうで、赤ちゃんが生まれたら気をつけてあげなくちゃいけないなって思っている。
なるべくレオに構ってあげないと。
男の子は傷つきやすいもんね。

最近言われると一番胸に来る言葉。

「ママ、おこんないでよ。」

これ、言われると、「そうだよね・・・」と胸に深く痛みいります。
ごめん、レオ。ママも怒らないママでいたいわ。
[PR]

by berty | 2007-01-16 10:04 | こども・子育て
2007年 01月 10日
土曜の主婦ランチ
先週末の土曜日、近所のママ友6人で、み~んな子供達を夫に預けてランチへ行って来た。
これは年末から計画していて、誰かのご主人が出張が入った場合等の計画までして。(結果どこのご主人も出張は入らずめでたしめでたし。)

車で30分程のちょっと洒落た町のイタリアンレストランへ行って来た。
いつもはシャツにGパンにスニーカー、ノーメイクもOK!たまに寝癖もOKかも!?的な気楽なご近所付き合いのママ達だけど、今日はみ~んなキレイにお化粧してブーツ履いたりのお洒落をしていて、なんか眩しいゾ・・・!

6人いるのでアペ4品、メイン3品、デザート4品を仲良く分け合うことに。
人数が多いと、色々な物をちょこちょこ食べられるのでいいなー。
こちらはゴルゴンゾーラチーズとアンチョビを乗せたトマトとオニオンのサラダ。
c0025528_40063.jpg

イタリアンでは必ずオーダー、イカのフリット。
c0025528_402748.jpg

タコとイカとクラムのグリル。
c0025528_463323.jpg

ほうれん草とリコッタチーズの巻いたパスタ。
c0025528_413427.jpg

ボンゴレ赤。
c0025528_42110.jpg

シーフードリゾット。
c0025528_422218.jpg

そしてデザートのティラミスとエッグノックのクリームブリュレ。(すごくでっかい!)
c0025528_425084.jpg

もう~、お腹一杯です・・・。

さて、次はどこに行こう!?と盛り上がったけれど、今月中に行こうよ~。
でないともう生まれちゃうよ・・・。

家に帰ると夫と息子がお帰り~!と。
思えば子供抜きでご飯を食べたのは一年半ぶり位?
どうしても食事中は息子に気を取られて、量を食べているだけで、ゆっくり味わっては食べれないので、この時は「食事をした。」という感じがして、とってもリフレッシュ。
その日は一日最後までご機嫌な私なのでした。
[PR]

by berty | 2007-01-10 04:07 | そとごはん
2007年 01月 06日
Surprise!
そういえば。
c0025528_1273100.jpg
先月、近所の友人達がベイビーシャワーをしてくれました。
忘年会をしよう!という話で集まったのだけれど、会場であるお家へ行くと・・・部屋がなんか暗い?
で、いきなり「サプラーーーーイズッ!!!」と一斉にみんなが・・・。
びっくりしたー。
c0025528_1312810.jpg
部屋は飾りつけもしてあって、私が座る椅子にさえにも飾りつけが。
テーブルの上にはみんなが用意してくれた手巻き寿司や、いなり寿司、煮物等々・・・が並んでいました。
どれもと~ってもおいしかった!

c0025528_5501433.jpgc0025528_5503236.jpg







c0025528_5532558.jpg
ギフトカードのプレゼントまで頂いちゃった・・・!
とっても嬉しかったです。みんなどうもありがとう!

その日家に帰ってから、まだ会社の夫に電話をし、みんながサプライズパーティを開いてくれたことを話し、「私、感動して涙出ちゃったよ。」と言うと、夫も「うん。俺も今聞いてて涙出そうになったよ。」と言う。(笑)
その話を次の日みんなに話したら全員爆笑!(笑)

出産を控え、近所の誰もがいつも、「レオくんのプリは送ってあげるよ」とか、「もし陣痛が来たら、電話くれたら誰かが病院に送ってあげるから!」とか言ってくれる。
私は、こんな暖かな環境で、2番目の子を授かれる事を本当に本当に幸せだなぁって思う。
生まれてくる子にとっても。

そして昨日の34週の検診では・・・
[PR]

by berty | 2007-01-06 06:18 | 妊娠・出産(アメリカ)
2007年 01月 03日
A Happy New Year !
c0025528_4519100.jpg

あけましておめでとうございます!
あっという間に年が明け・・・あっという間に日常に戻ってしまった。
アメリカでは元旦の1日だけがお休み、2日からは会社も学校も普通に始まります。
なんとも味気ないお正月。もうこんなお正月も8回目。
日本のあの独特なお正月を過ごしたいなぁ・・・と思いつつ・・・毎年家族だけの小さなお正月。

元旦は朝からのんびりと過ごし、3人で散歩がてら近くのスタバへ歩いて行き(年末から日中5度位という、奇跡的に暖かい日が続いている。)お茶をしたり。
後はもうすぐ生まれてくる赤ちゃんの名前を考えたり。(いまだ決まらず困ってます)
夫は、「元旦に決める名前ってなんかいいな~♪」と、ひとりご満悦。

2日の今日、レオは珍しく朝8時半を過ぎても起きて来ず、9時にはプリスクールへと行かなくちゃいけないのに。
昨晩寝る前にも明日学校だよ?と言ったら、「レオは行かない。」ときっぱり言っていたので、今日は無理かなぁ?と思ったら、起きてから「今日おっきな学校なの?」と自分から聞いてき、行くと言う。
慌ててホットミルクとパンを食べさせて送り出しました。
数人のみんなと一緒にちょこんと小さな椅子に座り、粘土をやっている後ろ姿が印象的だったな。成長したもんだ。

上の写真は、家の階段。
玄関脇の丸い小窓から差し込む午後の光。
色がついているのは、光に反射した、クリスマス前に小窓に飾ったGelの飾り。
夫が昨日、それをキレイだと言って写真をパシャパシャ撮っていた。
そして、「俺の作品、なんならどうぞ使って。」
と言うので、今日(まー、仕方なく?笑)使ってみました。
でもほんとキレイ。

さて。
今年はどんな一年になるだろう?
でも出産を約1ヶ月後に控え、どんな一年?と言ってる間に赤ちゃんの世話に手一杯の日々を過ごし、またあっという間に年越しを迎えてるんだろうなぁ・・・。なんかそんな気がするー。
でもきっといい一年になるに違いない。

皆さんにとっても良い一年になりますように。
今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]

by berty | 2007-01-03 04:27 | 日々のこと