<   2005年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2005年 04月 30日
ひとりお出かけ
今日は息子を夫に託し、朝8時50分に家を出てひとりでお出かけ!
生憎小雨が降っていたけれど、そんなこともお構いなしに、いざSOHOへ。

ちなみにここ(↓)はいまや日本の皆さん、誰でも知っているDEAN&DELUCA。
前はとても好きなお店だったけれど、ここまで有名になると興味も失ってくる私。
c0025528_5322521.jpg

今日の目的は、SOHOにあるSCHOLASTICという、教育系の玩具屋で、仲良し夫妻の出産祝いのプレゼントを買うこと。
あまりいいのがなくてウウ~ム・・・とひとりであれやこれや考え、悩みすぎて頭が禿げそうに。

慌しく用事を済ませ家に帰ると、夫とレオはちょうどお昼寝中・・・!
これ幸いと、私は早速、昼間からひとりでお風呂に入る事に。
読みかけの本と、お気に入りのCDを持ち込み、ラベンダーオイルを入れて・・・。束の間の幸せ~。
ここの所ずっと忙しかったし、本当はもっとゆっくりしたいのだけれど、でもまだまだもう少し忙しい。
どうしてかと言うと、

その理由は・・・
[PR]

by berty | 2005-04-30 04:32 | おでかけ
2005年 04月 29日
Macy's
c0025528_10372728.jpg

先日用事があってメイシーズへ。
ここは世界最大の売り場面積を誇るという、それはそれは大きなデパート。
6th Ave.と7th Ave.をまたいで、ドデンと建っている。
でも中はなんだか古~ぼけた感じの、いまいち何かに乗り遅れているような、なんだかそんな雰囲気一杯!のデパートです。

こちらは渋く(?)後ろ側(7th Ave.)からのメイシーズ。
c0025528_1045537.jpg
人も車も多くて、この辺をストローラーを押して歩くのは無謀と言う物。


ところで、子供がいるとゆっくり見てる暇なんてないので、用事だけさっさと済ませよう・・・と急ぎ足しつつも、ついつい買ってしまった物。
c0025528_10474574.jpg

LIZ Claiborneの帽子。つばが広いので、私の無防備なショートカットの後ろ首も、日差しからしっかり守ってくれそう。25%引きっていうのにも惹かれたのだけれど・・・!
私が着る洋服はシンプルな物ばかりなので、それにきっと似合うと思って買ったのだけれど、日本の公園で被ってたら、結構目立ちそう・・・??
[PR]

by berty | 2005-04-29 11:18 | おでかけ
2005年 04月 28日
ジャパニーズピッツァ
c0025528_10532621.jpg
揚げにトマトとバジル、モッツァレラチーズ、トマトソースを詰めて、オーブンで焼いた物。
まさしくジャパニーズピッツァ??
パーティの前菜になんかにもなりそうで、美味しかった。
息子は2口かじっただけでしたが。

暫くの間、頭の中がそれで一杯だった息子の誕生日パーティも無事に終り、ほっとする・・・暇もなく、まだまだ忙しく気ぜわしい日々が続いている。
ゆっくりできるのはまだもう少し先になりそう。
一日でいいから子供を預けてノンビリ休みたい。
こういう時は、できもしないのにそんなことを考えたりもします。
[PR]

by berty | 2005-04-28 03:30 | うちごはん
2005年 04月 24日
Birthday Party 前編
(前編と後編に分けてアップしています)

今日はレオの2歳のバースデイ!
ちょうど日曜日だったので、その日に友人達を招き、子供を入れて総勢20人程のバースデイパーティを我が家で開きました。

飾りつけも少し。床も風船で一杯にしてみました。そして本当はトーマスで揃えてあげたかったのだけれど、壁の飾りなどは去年の1歳の誕生日の時に買ったエルモで。
c0025528_1261662.jpg

でもレオ用の風船のひとつはもちろんトーマスよ。
c0025528_127039.jpg

定番の帽子と笛(?)も。(もちろん誰もかぶってくれやしなかったけど)
c0025528_1273585.jpg

レオは義母に頂いた一張羅を着せ、髪もなでつけおしゃれさんにして、と。
パーティの開始は1時半。貴重な日曜日に、みんながぞくぞくとやって来てくれて、家の中は一挙に賑やかモードに。

料理はなんとか足りた様子に見えたけれど、どうだったかなぁ・・・。
なんせこんなに大勢の人を招んでのパーティなんて、いまだかつてやったことがないので、どんな料理を、どれ位出したらいいのかも全く見当がつかなかった。
メニューも料理の本と睨めっこしてあれやこれや考えたのだけれど、結局いつもお客さんが来た時に作る、定番料理を出す事に。(なので必然的に、前と同じ料理を食べさせられた友人も数人いる。ごめんなさい。)
「美味しい」と、優しいみんなはそれぞれ褒めてくれたけれど・・・??

ちなみにメニューは以下です。

○トルティーヤチップスとサルサソース
○セロリと人参のスティック
○赤ピーマンとツナのマリネ
○ゆで卵とオリーブのアンディーブカナッペ
○プチトマトのブルスケッタ
○バーベキュー風味チキンのオーブン焼き
○ローストベジタブル
○散らし寿司

料理の写真は撮り忘れた物もあるのですが。
c0025528_1282696.jpgc0025528_1285517.jpg








.
c0025528_12103693.jpgc0025528_1251065.jpg








.
c0025528_12113120.jpgc0025528_12115953.jpg









●長くなったので後編として↓の記事に続きます。●
[PR]

by berty | 2005-04-24 11:47 | こども・子育て
2005年 04月 24日
Birthday Party 後編
そしてバースデイケーキ!
ケーキは私の手作りのデコレーションケーキ!・・・と言いたい所なのだけれど、先日デコレーションケーキを焼いて練習してみた時、デコレートするその難しさに、「これは無理・・・!」と即判断し、あっさりあきらめました。(1年練習して来年は焼けるといいな、なんつって。)
その代わりに、失敗し難いチーズケーキを焼きました。
これ(↓)が、その私からレオへのお誕生日ケーキ。

c0025528_1182055.jpg

焼いたチーズケーキの上に、泡立てた生クリームを薄く塗り、そこに、買って来た『Happy Birthday』という文字のキャンディーと、あとはラズベリー、ブラックベリーで飾り付けをしました。
これ(↓)がそのブラックベリー。味は酸っぱくないラズベリー?
c0025528_11193050.jpg

お陰様でものすごく簡単なデコレーションをする事ができました。(笑)
多分とても手抜きなケーキだけれど、でも私は一応、手作りのケーキをレオに出してやることが出来て、なんとなくほっとしました。
(と言ってもレオにはキャンディーはまだあげたことがないので、この恐ろしく派出派出しい青いキャンディーは食べさせませんでしたけど・・・!)

そしてもちろんこんなケーキだけではちょっとみすぼらしい(?)し、量も足りないので、このチーズケーキと、ZAIYAで買った大きなイチゴのケーキとで、豪勢に(!?)ふたつのバースデイケーキとなりました。(そっちのケーキの写真は撮れなかった・・・涙)

みんなの拍手によって迎えられたケーキを前に、全員がレオを囲んでハッピーバースデイソングを歌ってくれました。
レオはみんなが自分を見て歌ってくれているので、何事なの?というような顔をしていたけれど、私は、みんなの心のこもったその大きな大きな合唱に、感動してなんだか泣きたくなっちゃったよ。

ケーキのロウソクは、レオのみではなく、子供達全員で「ふ~!」と消して。(全員がよってたかってそれをやりたがる。笑)
そしてその10秒後には、子供達の手によって、ケーキの上のキャンディーやラズベリーなどのデコレーション部分は、あっという間、見事に全て奪い取られた・・・。あれは早かったなぁ~。(苦笑)

それからみんなが持って来てくれたレオへの誕生日プレゼントを開けさせてもらい、その後は子供達全員、頂いた玩具などでとても楽しそうに遊びまわり、それはそれは賑やかなパーティとなりました。

c0025528_11283681.jpg
パーティがお開きになった後も、親しい友人夫婦達が2組残ってくれて、今度はマレーシアン料理をデリバリーして一緒に夕飯を。こちらもとっても楽しい一時でした。残った3人の子供達もそれはそれは楽しそうに遊びまわって・・・。
レオの2歳のバースデイパーティは、夜9時頃、これにて終了。



そう言えばパーティの間、レオはみんなと一緒に遊ぶのに忙しく、私の方へは殆ど寄って来ず(気がついたら、私の友人のひとりとチュ~♪とキスし合ったりしていて)、レオのこと、一杯抱きしめるどころか抱っこも殆どできなかったような・・・。
今日は私もずっとバタバタしてそんな余裕もなく、レオに「生まれてくれてありがとう。」と言うことが出来たのも、彼がすっかり寝た後、その寝顔を見ながら・・・でした。(笑)


レオの2歳の誕生日。
それは、とても賑やかで、とても楽しい、本当に本当に幸せな誕生日でした。
私にとっては、レオの面倒を見ながら料理を作ったり準備をするのってそれなりに大変なことだったけれども(それでも全然大したことはできなかったのだけれど)、でも今日のパーティは、親の私達にとっても、その大変さの何倍も何倍も素敵な、幸せな物だった。

来てくださった皆さん、本当に本当にどうもありがとう。


それからレオ。 レオ、レオ、レオ・・・!
2歳のお誕生日おめでとう。
パパもママも、レオのこと、すっごくすっごく愛してるよ。
これからも健康にすくすくと育ってね。

4.24.2005
[PR]

by berty | 2005-04-24 10:51 | こども・子育て
2005年 04月 23日
レオが生まれた日のこと
明日はレオが生まれた日。彼は2歳になる。
『2年』って言ったら大した事もない気がするけれど、子供の『2歳』ってすごく大きい。
時々裸で走り回るレオを見ていると、この子が私の生んだあの小さな赤ちゃん・・・?って思うほど、逞しく、そして大きくなった。
言葉もよく喋るし、会話らしいこともできるようになり、たったの2年でこんなにも成長するなんて・・・と本当に私はいつも、驚嘆に似た気持ちで彼を見る。

出産2日前から始まった陣痛は、2年前の今日の夜中の2時にはもう5分置きになっていたっけ。
病院に向かうタクシーの中から、真夜中のマンハッタンの夜景を見たことをよく覚えている。
その時はまだ安産する気満々で(笑)、ちっとも恐くなんかなかった。
ドキドキしていたけど、でもどんな痛みも耐えようと誓っていたし、早く赤ちゃんの顔を見たい気持ちばかりで、ワクワクしている気分の方が大きかったかもしれない。

でも、彼が生まれたのは陣痛が始まってから約30時間後。
難産で、結局、緊急帝王切開で生まれたのでした。
陣痛促進剤、人口破水(しかも2回もグリグリされて、その2回とも失敗!痛かった~!)、酸素マスクもつける事態も発生したりなどなど、とってもフルコースな出産でした。(笑)

なかなか子宮口が開かず、必死に陣痛に耐えていたけれど、5分置きの陣痛という、殆ど休む間もない状態に、既に長時間耐えていたせいか、最後は手足が震えていたし、耳鳴りもしていたっけ。
気力も体力も既に使い果たし、もうだめだ~・・・!という所で、ドクターが「もう麻酔しないと死んじゃうね。」と言って麻酔をすることになったのだけれど、その後私の血圧が急降下、そしてお腹のレオの心拍も一緒に急降下。
自分の心臓のバクバクした音が耳に響き渡ると同時に、息が出来なくなり、意識も遠のいていくのを感じた。その時に酸素マスクをつけられたのだけれど、『息ができない』という経験は生まれて初めてで、とてもとても恐かったことは今も忘れらない。

(ちなみに夫や私の母は、私が麻酔を打っている間、病室の外で待たされていたのだけれど、突然ナースが「Anybody help!help!」と叫んで部屋から出てきたので、何かあったのではないかと思ったらしく、「Is she OK!?  Is she OK!?」と夫が叫んでいたらしい。)

その後も結局、長引く陣痛のせいで、私の陣痛が起こる度に、お腹のレオの心拍がストンと落ちるようになり・・・緊急帝王切開で生むことに。
レオが生まれたのは手術室に入ってから25分後。夫は私の頭の横に座って一緒にいた。

「It's a boy !!」というドクターの声と共に、生まれたばかりのレオの元気良く泣く声が。
シートで仕切られ姿は見えないけれど、初めて聞く我が子の声。
陣痛の痛みでは決して泣いたりはしなかったけれど、でも息が出来ない恐怖で泣き、帝王切開で生まなくてはいけないことにショックを受けて泣き、そしてレオの元気な声を聞いてとても嬉しくて泣いた。私の出産は、泣きっぱなしの出産だった。
でも生まれたレオは、アプガースコア-を10点満点もらう程、とても元気な男の子でした。
c0025528_1223361.jpg
写真は生まれて2日のレオ。

産後は産後で、私の方は高熱が2日に渡り出てしまい、その後3週間近く抗生物質を飲み、レオの世話も殆どできない状態が続いてしまった。しかもその間、授乳禁止だった為、3週間、毎日ひとりで、夜中もおっぱいをひたすら搾乳し続けた。(おっぱい絶対出すぞ~!と呪文を呟きながら。笑)
そういうこともあって、レオの出産に気力も体力もすっかり使い切ってしまった私は、その後1ヶ月間、レオも満足に抱けない程、殆ど寝たきりの状態な感じだった。
出産から辛い事だらけで、立ち直るのにも時間がかかったし、その間は夫はもちろん、日本の家族にも本当に心配をかけてしまった。

レオの出産を思い出す時、言いようのない彼への感謝と喜びを思い出すと共に、どうしても辛かった記憶も思い出してしまう私。
命を生むって、本当に本当に大変な事。
昔の人が出産でよく亡くなっていたということは、本当に頷ける。
私も、私の持ち得る全てのエネルギーと精神力を、この出産に出し切ったと思う。

苦労して生んだレオの今の笑顔は、私にはどんな物よりもかけがえなく。
健康に生まれ、そして今も健康に育ってくれている事に心から感謝をしたい。
明日は、レオのバースディパーティを思い切り楽しみたいな。
そして、私を母親として選びここに来てくれたことに、健康でいてくれることに、私達夫婦に沢山の幸せを毎日くれることに、ただただ「ありがとう」と、彼と神様に言いたい。
そしていつもの倍、彼を抱きしめたい。

そしてまた、あの時私を心配してくれ、支えてくれた日本の家族、友人にも、明日のこの日を感謝したい。遠く離れたみんなのお陰で、あの時の私も、今の私も、そして元気なレオもいるんだと思うから。

そんなことを思う、誕生日前日の母でした。
[PR]

by berty | 2005-04-23 11:05 | こども・子育て
2005年 04月 22日
朝の幸せ
c0025528_1043129.jpg

私の朝の幸せは、濃い目のコーヒーを一杯飲むこと。
これがないと私の一日は始まらないし、そしてこれが紅茶でも一日は始まらない~。
絶対にコーヒーでなくっちゃ。

以前は、コーヒーメーカーや自分の手でお湯を注ぐドリップ式で煎れていたけれど、現在はフレンチプレスで煎れる。
そして美味しく煎れられないコーヒーメーカーはもう捨ててしまった。

このフレンチプレスに、フレンチプレス用に挽いてもらったコーヒー豆と、5分間沸騰させた蒸留水を注いで待つこと4分。
タイマーが鳴ったらプレスをちょっとゆすり、お湯をかき混ぜるようにしたら出来上がり。
コーヒーが蒸らされるこの4分間、早く飲みたくてワクワクする。
本当に毎朝ワクワクしている私。

c0025528_10502526.jpg

そしてコーヒー豆はZABAR’Sの『ZABAR’S Blend』と大体決めている。
1パウンド7ドル位で、なかなか美味しい。
(Whole foodsのコーヒーもとても美味しいので、そこへ行った時はそこのを買ったり)
ちなみに写真のZABAR'Sのマグカップは、先日コーヒー豆を買ったら、このマグを1ドルで売るよ~ってなっていて、早速買ってしまった物。
でも普段はこれは使わず、Crate & Barrelで買った、別のお気に入りのカップで飲んでいる。

大好きなコーヒーだけど、飲むのは一日一杯だけ!お肌のためです。(笑)
だから、その一杯は普通の一杯より大きめのカップで、かつ濃い目に煎れて。
そしてだからこそ、ワクワクする、私の朝の幸せ~♪なのです。
[PR]

by berty | 2005-04-22 10:41 | うちごはん
2005年 04月 22日
今日のレオ
今日のレオとの生活は・・・

今日はクラスのメイクアップで午前中にクラスへ。
いつもはここのミュージッククラスに参加しているのだけど、今日は運動系のジムのクラスに参加させてもらうことに。

ジムのクラスには幾つかの遊具(滑り台や電車の形をしている乗り物など)が置いてあり、床には一面にスポンジマットが敷かれてある。
レオはここに入った瞬間に、すぐに遊具で遊び始めて楽しそう。
そしてクラスが始まり、最初の歌が終った後から、ひとりでちょこまかちょこまかとあちらこちらを移動しては、楽しそうに遊び回っていた。
ミュージッククラスのあの真面目などこか引いた顔とは大違い。

ミュージッククラスでは、殆どがママと一緒で、ママの膝の上に座らせ、そこで手遊び歌を歌ったり、あとはみんなで輪になって歌いながらグルグル歩いたりするのだけれど、レオはいつも大して楽しそうでもなく・・・。(真剣に集中はしているのだけど)
特に、みんなで輪になって一緒にグルグル歩く時は、必ず私に「抱っこ!」と言うし、こういう状態は、まだ慣れないからかなぁ、それとも人見知りや場所見知りの時期なのかなぁ・・・って思っていたら・・・。

今日のレオはいつものようにマイペース、自分のやりたいことをやって、歌が始まれば、参加したい時だけ手を叩いて参加して、そうでない時はあっちへ行ったりこっちへ行ったり・・・ひとり好きな事をして遊んでいた。
そういう姿を見て、ミュージッククラスの、みんなで何かを一緒に合わせてやるというのが、彼にはあまり楽しくないのかなぁって思った。
今日の彼は「抱っこ!」なんて言うどころか、私の方へは殆ど来ずに、勝手に離れてあっちこっちへ行っていたし、そういう意味でもジムのクラスは、基本的には子供の自由にさせるようなので、レオにはその方が合っているようだった。

先生はミュージックの時と同じ先生だし、やはりレオはひとりで勝手に自由にできる方がいいのか・・・そういえば昔からそんな空気ありありだったわ・・・と改めて気づいた私。

帰り、先生にも「今日はレオは楽しそうだったわね・・・!」と言われた。
そしてレオと言えば、クラスが終り、皆帰って誰もいなくなったクラスルームで、一人で楽しそうに、坂になったマットの上を何度も何度も走り、帰りたがらないのでした。

今度はジムのクラスを取ろうかなぁ?それともミュージックも続けようか?
みんなで一緒に合わせてやる、ということも体験させて学ばせておいた方がいいのか・・・それとも好きじゃなさそうってことは、もしかしてストレスもかかってるってことだったらどうしようか・・・と今頃から早速、秋のコース(夏はないので)についてひとり考えてる私。
ま、秋のレオはまた違ったレオになってるのかもしれないのだけれど。
[PR]

by berty | 2005-04-22 03:10 | こども・子育て
2005年 04月 21日
レバーペースト
c0025528_1111732.jpg

フードプロセッサーを買ってからというもの、ずっと作ってみたかったレバーペースト。
でもここではなかなか手に入れにくく、ちょっとあきらめ気味だった。
ところが今日、いつも行くオーガニック系のスーパーでレバーを発見・・・!
レバーは内臓だし、オーガニック系の物を使いたかったので、見つけた時は嬉しかった~。
早速これとバケットを買って帰り、いそいそと家路へ急ぐ。

レオが昼寝をしてくれているゴールデンタイムだったので、早くぅ~早くぅ~作らねば~!とかなり急いで作ったのだけれど、これって意外と時間、かかるのね・・・?ってことに気づいた。
かなりの短時間でパパっとできるかと思ったら、『ブランデー(家にはそんな高級品はないので、ラム酒で代用)を入れて、水分が無くなるまで炒める』、と言う所で結構時間がかかった気が・・・。

でも美味しく出来ました~。最近貧血気味だったので丁度良かったです。満足満足♪
ちなみにレバーペーストって色々な作り方があるようですが、どれが一般的なのでしょう?
私は有元葉子さんのレシピから、にんにく、玉ねぎ、ブランデー、バター(結構大量)、生クリームを使うレシピで作りましたが、他の野菜なんかも入れるレシピもあるようですね。
ayamoriちゃんのレバーペーストはセロリやカレー粉も入れるようです。
今度はこっちを作ってみよ!


そして・・・今日のレオ。
私が足の爪を切っていると、ゴミ箱を持って来てくれた・・・!よく見てるな~。
それから、自分が遊んで傘を落としてしまった電気を指差し、「こわした。こわした。」と言っていた。教えたこともない言葉を言うから、ちょっとどっきり。
あと、髪の毛を引っ張って、「かみぃ。」とか言っていて、これも教えたことがなかったので驚いた。多分夫が教えたのかな?聞いてみなくちゃ。
レオが発する新しい言葉をそれぞれに記しておきたいのだけど、最近は本当に色々な言葉を発するので、覚えきれない。
でも彼が話した一番長い文章は、まだ、「あ。いたいた。ママだ!」程度です。(笑)

今日は寝る前に本を8冊も読まされ(普段は5、6冊)、もしかしてこの8冊ペースがこれから毎晩続くの・・・?と、彼の眠る顔を見ながら、ちょっと背中が寒くなった私です。
[PR]

by berty | 2005-04-21 10:49 | 日々のこと
2005年 04月 20日
2歳児健診とクンクン
今日は息子の2歳児健診の為にドクターの所へ。

息子がかかっているドクターは女の先生で、とってもナイスな人。
いつ会ってもレオはすぐに打ち解けて彼女に笑いかけるし、私も会うと嬉しいと思う位。
とにかく子供に対してそれはそれは上手に対応し、優しい声でいつも話し掛けてくれる。
そしてずっと私と話したり質問をしたりしつつ、自分の器具で上手に子供を遊ばせ、同時に子供のそれでの遊び方をちゃんと確認しながら、成長もチェックしている。

こちらには日本の保健婦さんのような人はいないので、機会がある時に色々相談をする・・・ということもできないし、なので私はこの健診の際に、ドクターに色々な事を聞いたり相談をしたりする。
(ちょっとした問題は彼女の英語がすこぶる早い事だったのだけど・・・でも2年も経てばそれにも次第に慣れて来た。かな?初めて会った時は頷くのが精一杯!笑)
私にとっても彼女はとても心強い味方です。

さて、レオの体重は25パウンド(約11.4キロ)、身長は33.5インチ(約86センチ)、でした。
両方(米国・日本)の平均グラフとそれを照らし合わせて見ると、身長体重共に丁度50%タイルという所。

ドクターにも「ヘルシーボーイ!」とお墨付きを頂いて安心した母です。

今日はそんなヘルシーボーイの親友をご紹介。
名前を『クンクン』と言う。

c0025528_1131264.jpg

これは昨年日本へ一時帰国した際に私の母がくれた物なのだけど、レオはとっても気に入って、毎晩寝る前に彼とキスをし、ハグをし、そして自分の隣に寝かせて一緒に寝ている。

このクンクン、実はフランス生まれ。
tr@usselier(トラッセリア)社の物で、素材にも気を配ってあって、取れ易いボタン等は一切使わず、丸洗いもできるという、とても気の利いた(?)縫いぐるみ。
そしてその大きさも、レオ程もある位、縫いぐるみとしては結構大きな子。

まだレオが1歳8ヶ月頃、昼間でも彼をよく抱っこしていたのだけれど、その時に「この子のお名前はなんて言うの?この子はだぁれ?」と聞いたら、ちょっと考えた顔をした後、「くんくん~」ってレオが言ったのです。(適当に言ったに違いないけれど)
それ以来彼の名前は『クンクン』となりました。

私もこの平和なお顔をしたクンクンが大好き。
レオにもずっと彼と仲良しでいてほしいな。
でもちょっと大きいから、Connie家のputt putt君みたいに旅行とかには連れて行ってあげれないけれど。
[PR]

by berty | 2005-04-20 11:10 | こども・子育て