カテゴリ:おきにいり( 4 )

2006年 02月 11日
冬の楽しみ
雪が一日中降りしきる今日・・・。
外は寒いけれど、引っ越して来て初めて暖炉に火を入れました。
c0025528_1221363.jpg

でもこれ、夫が最初、煙突へ通じる暖炉の中の小窓を閉めたまま火をつけた為、家中がもくもくと煙だらけに・・・!
いきなり火災報知器が鳴り響くし、窓を慌てて開けたり、ドタバタと・・・。(苦笑)びっくりしました。

c0025528_1222296.jpg

でも暖炉の火っていいな~。
気持ちがゆったり落ち着きます。
今日は土曜日だし、暖炉の火を見ながら、夫とお酒でも飲もう~っと。

冬の楽しみが、ひとつできました。
[PR]

by berty | 2006-02-11 11:50 | おきにいり
2005年 02月 15日
まだまだバレンタイン
c0025528_12185594.jpg


↑これは、昨日夫が私にくれたバレンタインズプレゼント。
それはそれは大きな花かごでした・・・!

夫は平日、殆ど毎日のように夜中12時頃の帰宅。
たまに9時頃帰って来れるのが(←9時が一番早い時間)週に1、2度あるかないか、その上出張も多くて1週間家にいないことだってある。
そんな夫に日頃ぶんむくれな私への罪滅ぼしかな?(笑)
あまりにも大きい花束だったので、「誰から?誰から?」って真面目に聞いてしまった私でした。
(こんな大きな花かごを買って来るなんて思わずに、夫が会社の仕事関係でもらって来たかと)
どうもありがとう~。うふふ。
夫はハートのご飯にハートのゼリー、更にチョコレートケーキまで「どう?どう?」と私にびっちり横で聞かれながら食べていた昨日の夜でした。

今日、レオが何度も花の前に行って、「おはにゃ、おはにゃ」とまた新しい言葉を覚えた。
パパのお陰です。(笑)
[PR]

by berty | 2005-02-15 12:18 | おきにいり
2005年 02月 13日
初公開デス
c0025528_14125367.jpg
愛しのクイジナートフードプロセッサー。
その写真を今日やっと撮ったので初公開!
この色が欲しかったんです~。そしてサイズは11CUP。
約2.8リットルもある大きさなので、かなりでっかいぞ。
パイ生地2、3枚分位いけるんじゃないかなぁ?
値段は20%引きのクーポンを使って、確か$179とかそんな感じだったと思う。
今はやっと買った嬉しさに、頻繁に使ってま~す。
次はミニフードプロセッサーが欲しい・・・。
こっちは更にもっと安いんだけれどね。置く場所がもうね・・・。

c0025528_14353932.jpg
それからこれは昨日ウィリアムズソノマで買ったハート型のトーストカッター。
かわいいっ!朝、パンをこのハートでくりぬいて食べたら嬉しいだろうなぁ・・・。
これはSALEでたったの$2.99でした。


さて今日の夕飯。今日は急に思い立って中南米料理。
●グアカモーレ(小さく切ったアボガド、トマト、ニンニク、赤玉ねぎにレモン汁、カイエンペッパー、ナツメグ、塩コショウで味付けしたもの)
●エンパナーダ(茹でてマッシュしたじゃが芋に、炒めた牛ひき肉、セロリ、人参、玉ねぎ、ニンニクを混ぜて具を作り、それを餃子のような生地でくるんで揚げたもの)
●人参と白菜のクリアスープ
●ご飯

今日の写真はグアカモーレだけ。トルティーヤチップスにこれをつけて食べる。(ちなみにこのチップスもオーガニック物)c0025528_14142765.jpg
悲しいのはエンパナーダ。とうもろし粉で生地を作るのだけど、それがなかったので小麦粉で代用してみたら、生地が強力な粘土みたいになってちゃんと形が作れず。(それでもかなり頑張って貴重な時間を無駄に・・・!)
仕方がないので眠くて機嫌の悪いレオを抱っこ紐で抱いて(最近ストローラーに乗ってくれない)、近くのスーパーに駆け込み、冷凍パイシートを買ってそれを使って作った。
でもそのパイシートがバラバラで(不良品?それとも私の扱い方が悪かった?)春巻きみたいになっちゃったよ~。こんなのエンパナーダじゃないっ。
形も悪いので写真はなしです~。
[PR]

by berty | 2005-02-13 13:49 | おきにいり
2005年 01月 14日
「食卓の情景」
c0025528_11565968.jpg

どんなに疲れていてもどんなに眠くても・・・寝る前に必ず10分でも本を読む。でもやっぱり眠さには勝てず・・・最近はめっきり読むスピードが落ちた。

そして昨日読み終えた本。池波正太郎の「食卓の情景」。
池波正太郎の本は、友達の旦那様に薦められて読み始めたのだけど、その時はかなりハマった!
それまで歴史小説なんて全く読まなかった私だったけれど、すごくおもしろくてその「剣客商売」の全巻を彼に借りて読破しました。

何がおもしろかったのか・・・そのひとつの理由には食事や食べ物の話が多かったことがあるかも??(食いしん坊の私にコレ大事ー)
江戸の頃の食べ物や食物文化も分かって、その時代がものすごく近く感じられ、新しい世界が開かれた感じがして新鮮でした。

「食卓の情景」は彼が子供の頃の食べ物の話や色々な美味しいお店の話が沢山あって、これまたおもしろ美味しい本でした。
[PR]

by berty | 2005-01-14 11:54 | おきにいり