カテゴリ:こども・子育て( 57 )

2005年 04月 23日
レオが生まれた日のこと
明日はレオが生まれた日。彼は2歳になる。
『2年』って言ったら大した事もない気がするけれど、子供の『2歳』ってすごく大きい。
時々裸で走り回るレオを見ていると、この子が私の生んだあの小さな赤ちゃん・・・?って思うほど、逞しく、そして大きくなった。
言葉もよく喋るし、会話らしいこともできるようになり、たったの2年でこんなにも成長するなんて・・・と本当に私はいつも、驚嘆に似た気持ちで彼を見る。

出産2日前から始まった陣痛は、2年前の今日の夜中の2時にはもう5分置きになっていたっけ。
病院に向かうタクシーの中から、真夜中のマンハッタンの夜景を見たことをよく覚えている。
その時はまだ安産する気満々で(笑)、ちっとも恐くなんかなかった。
ドキドキしていたけど、でもどんな痛みも耐えようと誓っていたし、早く赤ちゃんの顔を見たい気持ちばかりで、ワクワクしている気分の方が大きかったかもしれない。

でも、彼が生まれたのは陣痛が始まってから約30時間後。
難産で、結局、緊急帝王切開で生まれたのでした。
陣痛促進剤、人口破水(しかも2回もグリグリされて、その2回とも失敗!痛かった~!)、酸素マスクもつける事態も発生したりなどなど、とってもフルコースな出産でした。(笑)

なかなか子宮口が開かず、必死に陣痛に耐えていたけれど、5分置きの陣痛という、殆ど休む間もない状態に、既に長時間耐えていたせいか、最後は手足が震えていたし、耳鳴りもしていたっけ。
気力も体力も既に使い果たし、もうだめだ~・・・!という所で、ドクターが「もう麻酔しないと死んじゃうね。」と言って麻酔をすることになったのだけれど、その後私の血圧が急降下、そしてお腹のレオの心拍も一緒に急降下。
自分の心臓のバクバクした音が耳に響き渡ると同時に、息が出来なくなり、意識も遠のいていくのを感じた。その時に酸素マスクをつけられたのだけれど、『息ができない』という経験は生まれて初めてで、とてもとても恐かったことは今も忘れらない。

(ちなみに夫や私の母は、私が麻酔を打っている間、病室の外で待たされていたのだけれど、突然ナースが「Anybody help!help!」と叫んで部屋から出てきたので、何かあったのではないかと思ったらしく、「Is she OK!?  Is she OK!?」と夫が叫んでいたらしい。)

その後も結局、長引く陣痛のせいで、私の陣痛が起こる度に、お腹のレオの心拍がストンと落ちるようになり・・・緊急帝王切開で生むことに。
レオが生まれたのは手術室に入ってから25分後。夫は私の頭の横に座って一緒にいた。

「It's a boy !!」というドクターの声と共に、生まれたばかりのレオの元気良く泣く声が。
シートで仕切られ姿は見えないけれど、初めて聞く我が子の声。
陣痛の痛みでは決して泣いたりはしなかったけれど、でも息が出来ない恐怖で泣き、帝王切開で生まなくてはいけないことにショックを受けて泣き、そしてレオの元気な声を聞いてとても嬉しくて泣いた。私の出産は、泣きっぱなしの出産だった。
でも生まれたレオは、アプガースコア-を10点満点もらう程、とても元気な男の子でした。
c0025528_1223361.jpg
写真は生まれて2日のレオ。

産後は産後で、私の方は高熱が2日に渡り出てしまい、その後3週間近く抗生物質を飲み、レオの世話も殆どできない状態が続いてしまった。しかもその間、授乳禁止だった為、3週間、毎日ひとりで、夜中もおっぱいをひたすら搾乳し続けた。(おっぱい絶対出すぞ~!と呪文を呟きながら。笑)
そういうこともあって、レオの出産に気力も体力もすっかり使い切ってしまった私は、その後1ヶ月間、レオも満足に抱けない程、殆ど寝たきりの状態な感じだった。
出産から辛い事だらけで、立ち直るのにも時間がかかったし、その間は夫はもちろん、日本の家族にも本当に心配をかけてしまった。

レオの出産を思い出す時、言いようのない彼への感謝と喜びを思い出すと共に、どうしても辛かった記憶も思い出してしまう私。
命を生むって、本当に本当に大変な事。
昔の人が出産でよく亡くなっていたということは、本当に頷ける。
私も、私の持ち得る全てのエネルギーと精神力を、この出産に出し切ったと思う。

苦労して生んだレオの今の笑顔は、私にはどんな物よりもかけがえなく。
健康に生まれ、そして今も健康に育ってくれている事に心から感謝をしたい。
明日は、レオのバースディパーティを思い切り楽しみたいな。
そして、私を母親として選びここに来てくれたことに、健康でいてくれることに、私達夫婦に沢山の幸せを毎日くれることに、ただただ「ありがとう」と、彼と神様に言いたい。
そしていつもの倍、彼を抱きしめたい。

そしてまた、あの時私を心配してくれ、支えてくれた日本の家族、友人にも、明日のこの日を感謝したい。遠く離れたみんなのお陰で、あの時の私も、今の私も、そして元気なレオもいるんだと思うから。

そんなことを思う、誕生日前日の母でした。
[PR]

by berty | 2005-04-23 11:05 | こども・子育て
2005年 04月 22日
今日のレオ
今日のレオとの生活は・・・

今日はクラスのメイクアップで午前中にクラスへ。
いつもはここのミュージッククラスに参加しているのだけど、今日は運動系のジムのクラスに参加させてもらうことに。

ジムのクラスには幾つかの遊具(滑り台や電車の形をしている乗り物など)が置いてあり、床には一面にスポンジマットが敷かれてある。
レオはここに入った瞬間に、すぐに遊具で遊び始めて楽しそう。
そしてクラスが始まり、最初の歌が終った後から、ひとりでちょこまかちょこまかとあちらこちらを移動しては、楽しそうに遊び回っていた。
ミュージッククラスのあの真面目などこか引いた顔とは大違い。

ミュージッククラスでは、殆どがママと一緒で、ママの膝の上に座らせ、そこで手遊び歌を歌ったり、あとはみんなで輪になって歌いながらグルグル歩いたりするのだけれど、レオはいつも大して楽しそうでもなく・・・。(真剣に集中はしているのだけど)
特に、みんなで輪になって一緒にグルグル歩く時は、必ず私に「抱っこ!」と言うし、こういう状態は、まだ慣れないからかなぁ、それとも人見知りや場所見知りの時期なのかなぁ・・・って思っていたら・・・。

今日のレオはいつものようにマイペース、自分のやりたいことをやって、歌が始まれば、参加したい時だけ手を叩いて参加して、そうでない時はあっちへ行ったりこっちへ行ったり・・・ひとり好きな事をして遊んでいた。
そういう姿を見て、ミュージッククラスの、みんなで何かを一緒に合わせてやるというのが、彼にはあまり楽しくないのかなぁって思った。
今日の彼は「抱っこ!」なんて言うどころか、私の方へは殆ど来ずに、勝手に離れてあっちこっちへ行っていたし、そういう意味でもジムのクラスは、基本的には子供の自由にさせるようなので、レオにはその方が合っているようだった。

先生はミュージックの時と同じ先生だし、やはりレオはひとりで勝手に自由にできる方がいいのか・・・そういえば昔からそんな空気ありありだったわ・・・と改めて気づいた私。

帰り、先生にも「今日はレオは楽しそうだったわね・・・!」と言われた。
そしてレオと言えば、クラスが終り、皆帰って誰もいなくなったクラスルームで、一人で楽しそうに、坂になったマットの上を何度も何度も走り、帰りたがらないのでした。

今度はジムのクラスを取ろうかなぁ?それともミュージックも続けようか?
みんなで一緒に合わせてやる、ということも体験させて学ばせておいた方がいいのか・・・それとも好きじゃなさそうってことは、もしかしてストレスもかかってるってことだったらどうしようか・・・と今頃から早速、秋のコース(夏はないので)についてひとり考えてる私。
ま、秋のレオはまた違ったレオになってるのかもしれないのだけれど。
[PR]

by berty | 2005-04-22 03:10 | こども・子育て
2005年 04月 20日
2歳児健診とクンクン
今日は息子の2歳児健診の為にドクターの所へ。

息子がかかっているドクターは女の先生で、とってもナイスな人。
いつ会ってもレオはすぐに打ち解けて彼女に笑いかけるし、私も会うと嬉しいと思う位。
とにかく子供に対してそれはそれは上手に対応し、優しい声でいつも話し掛けてくれる。
そしてずっと私と話したり質問をしたりしつつ、自分の器具で上手に子供を遊ばせ、同時に子供のそれでの遊び方をちゃんと確認しながら、成長もチェックしている。

こちらには日本の保健婦さんのような人はいないので、機会がある時に色々相談をする・・・ということもできないし、なので私はこの健診の際に、ドクターに色々な事を聞いたり相談をしたりする。
(ちょっとした問題は彼女の英語がすこぶる早い事だったのだけど・・・でも2年も経てばそれにも次第に慣れて来た。かな?初めて会った時は頷くのが精一杯!笑)
私にとっても彼女はとても心強い味方です。

さて、レオの体重は25パウンド(約11.4キロ)、身長は33.5インチ(約86センチ)、でした。
両方(米国・日本)の平均グラフとそれを照らし合わせて見ると、身長体重共に丁度50%タイルという所。

ドクターにも「ヘルシーボーイ!」とお墨付きを頂いて安心した母です。

今日はそんなヘルシーボーイの親友をご紹介。
名前を『クンクン』と言う。

c0025528_1131264.jpg

これは昨年日本へ一時帰国した際に私の母がくれた物なのだけど、レオはとっても気に入って、毎晩寝る前に彼とキスをし、ハグをし、そして自分の隣に寝かせて一緒に寝ている。

このクンクン、実はフランス生まれ。
tr@usselier(トラッセリア)社の物で、素材にも気を配ってあって、取れ易いボタン等は一切使わず、丸洗いもできるという、とても気の利いた(?)縫いぐるみ。
そしてその大きさも、レオ程もある位、縫いぐるみとしては結構大きな子。

まだレオが1歳8ヶ月頃、昼間でも彼をよく抱っこしていたのだけれど、その時に「この子のお名前はなんて言うの?この子はだぁれ?」と聞いたら、ちょっと考えた顔をした後、「くんくん~」ってレオが言ったのです。(適当に言ったに違いないけれど)
それ以来彼の名前は『クンクン』となりました。

私もこの平和なお顔をしたクンクンが大好き。
レオにもずっと彼と仲良しでいてほしいな。
でもちょっと大きいから、Connie家のputt putt君みたいに旅行とかには連れて行ってあげれないけれど。
[PR]

by berty | 2005-04-20 11:10 | こども・子育て
2005年 04月 19日
~したの。
暫くの間、体のひどい疲れが取れず、週末に大分休めて元気になれるかな、と思ったのだけれど、今度はちょっと風邪気味なのか、2日間程微熱が続いてしまっていました。
でも今日からはなんとか元気に・・・!自分の体に、久々にいつものようなエナジーが湧いて来て、よっしゃ~という感じです。(気持ちだけ?)

先日の記事に対して、皆さんからとても温かいご心配や励ましを頂き、どうもありがとうございました。優しい皆さんに、本当に感謝・・・!
コメントを読ませて頂いて、育児をされている方もそうでない方も、本当に皆さんそれぞれ、ご自分の生活を一生懸命頑張って生きていらっしゃるんだなぁ・・・と感じました。
私と同じように、体力的に疲れている方も一杯いらっしゃったみたいですし・・・。(苦笑)
私もまたガンバロー!と思います。
でもまた体力が追いついて行かなかったらいけないので、ちょっとずつちょっとずつ・・・。(と言いつつ、いつも走ってしまうのだけれど)

そしてこんな事をしている間に、なんと今週はレオがとうとう2歳になる週です~。
あ~~~~~~。とうとう1歳時代が終るのね・・・。
そして『魔の2歳児』が始まるのね~~~・・・っ!
もうそんなのとっくの昔に始まっている感のあるレオですが、最近はますます言葉にも磨きがかかって(?)毎日おもしろい。

今は「~したの。」という言葉がはやりで、「昨日○○ちゃんと一緒に遊んだねー。」と話し掛けると、ちゃんと理解して、「あそぼー、したの。」「しゅー、したの。」などと言う。(一応会話になっている。)
で、頭をぶつけたら、「ゴチン、したの。」、朝起きたら、「ネンネ、したの。」などなど、何にでも「~したの。」を付けてはご満悦。
そして話題がなくなると、自分が知っている言葉に「~したの。」を付け始め、「わんわん、したの。」などと言い始める。
私が「へぇ~。わんわんしたのぉ?」って聞くと、次は「にゃんにゃん、したの。」「ガオー、したの。」などと、暫く動物ネタが続きます。(笑)

先日ご飯を食べていたら、ひとりで「がお~っ。がお~っ。」って言ってるので何かなぁ?と思って見たら、自分がかじって食べたブロッコリーのフライをライオンに見立てて遊んでいた。
こういう想像力を使って遊べるようにもなったんだなぁ~・・・としみじみ成長を思う母でした。
c0025528_1101571.jpg

こちらが疲れて停滞していても、あちらは全くお構いなしに、ぐんぐんと音が聞こえるような速度で、日々成長して行っているようです。
きっと放っておいても育つんだね。
[PR]

by berty | 2005-04-19 12:01 | こども・子育て
2005年 04月 13日
Radio Flyer
c0025528_1132566.jpg

息子のRadio Flyerの自転車。
これは木で出来ていてちょっと重目なのだけれど、レオはこれに乗って部屋中をブイブイ言わせております。これに轢かれると、とても痛い。

ハンドルについているベルもいっちょ前。
そしてレオもいっちょ前にチン!と指ではじいてベルを鳴らす。
c0025528_11361920.jpg


これに乗れるのももう後少しかな。あっという間に大きくなり、これでは小さくなってしまうだろうな。


今日は午前中レオを公園へ連れて行き、そのまま外でランチ。
仕事をしている友達がランチ時間に抜け出してくれて、一緒に近所のタイレストランへ。
美味しいパッタイを食べたのだけど、話に夢中で写真を撮るのを忘れてしまった。
レオは食事の間中、テーブルのすぐ横にあった水槽の中の魚達に夢中で、いい子にしてくれていた。ほっ。

先日盛大に3つも出来た、唇の熱の花(ヘルペス)、やっと治ったと思って喜んでいたのに、今朝起きたら新しくまた1個出来ていた・・・。が~~~ん。
私はどうやらとことん疲れているらしい。
[PR]

by berty | 2005-04-13 11:02 | こども・子育て
2005年 04月 06日
春の公園
今日もぽかぽかのNY。
珍しく予定もなかったので、朝、電話でお友達を誘って近所の公園へ。
今日は今まで行ったことのない公園へ行ったのだけれど(滅多に通る事のない場所にある)、いつも行く家の近くの公園より大~分広く、ジムも一杯あって感激。

そして嬉しい事に、そこには花壇があり、そこで土いじりをしてもいいとのこと。(芝生が生える時期まで。つまりは冬の間のみ?)
こちらの公園は、日本の様に砂場のある公園などなく、息子も今まで砂遊びなどしたことがない。
私が子供の頃は砂遊びが大好きだったので、そんな息子を日頃から不憫に思っていた私。

今日は前から持っていたお砂場セットを張り切って持って行き、汚れてもいいような洋服を着せ、そして姉からもらったお古の長靴を履かせるという、万全の体制でこの公園へ。
(ちなみにこのお古の長靴、13センチでレオには既に小さかったのだけど無理矢理履かせたら、彼ががに股になってヨタヨタと蟹のように歩くので、途中でで脱がせることに)

さぁて!砂遊び(正確には土遊び)で遊ぶぞ~!と張り切っていたのはこの私だけで、レオは少しの間だけどうでもいいように土を掘り、その後はすぐに動き回りたがって、念願の砂遊びはあっけなく終了。
そして私はレオの後ろを追って延々一緒に動き回る羽目に。
でもレオはとても楽しそうで、広々としたこの公園がすごく気に入った様子。

そして最近の彼のはやりはこれ。(↓)
c0025528_12322118.jpg

どこへ行っても、こういう段や塀を見つけ、そこに上がって平均台のようにソロリソロリ歩く。
落ちそうになったら「お~っとっとっとっと!」と、ひとりで言って喜んでいる。


そして今日、ここまで上がる事もできた(↓)。(実際は写真よりもう一段上に上がれたの~)
c0025528_12325248.jpg

こんなことでもとっても嬉しい、まだまだ若々しい(一言余計?)新米ママです。

今日は1時までここにいて、子供達にはお握りを食べさせ、春の日の光を存分に浴び、私も子供達も満足満足~♪
春って、なんて素晴らしいっ!
[PR]

by berty | 2005-04-06 11:57 | こども・子育て
2005年 03月 27日
レオ1歳11ヶ月の記録
息子のレオは最近1歳11ヶ月を迎え、今月が1歳代最後の月。
あとひと月もしない内に、彼は2歳になる。う~ん。なんだか。嬉しいような、どんどん成長していく早さに少しさみしいような・・・。

最近のレオは見事にイヤイヤの時期を迎え、毎日それに付き合うのはお疲れ様・・・と自分に向かって言いたい程。

●そんなレオの最近のNEW WORDS●

最近のレオの語彙数はかなりすごい。毎日毎日数語をどんどん覚えていくような勢い。

最近一番発する言葉は「いくよ!」。
「いくよ!」と一言言ってからボールを投げたり、足を上げてみせたり。
それからブロックを作ったりして、「できた!」とも言えるように。

ビデオが終ると「おあった!」
カゴに入って「はいる~」、カゴから出て「はいんない~」。(ちょっと間違ってるけど)
駅に着くと「ちゅいた!」。
もう1回何かをして欲しい時は「もいっかい!」。
遊びたい時はちゃんと、「あしょぼー」と声を掛けてくる。(かわいいっ)

その他、写真を見て誰かを指差し「だぁれ?」と聞いたり、帰って来た夫に「おかえに~!」。
「大きい」に続いて「小さい」。
「あちい」は早くから言えていたけれど、それに続き今は「ちめたい」も言えるようになった。

梯子を登っている人を見上げて、「たぁかい!」。
私に「おいで~」と手を振り、たまに「きてぇ」。
あと何かを探して見つけれなかったら、「いないのぉ」や、食べ物を食べて「固い」など。

他に「あけてぇ」とお願いや、「抱っこいい」などのお願い。
「かしてぇ」もちゃんと言えるようになったし、「バシュ(バス)だぁ!」、「あちいよぉ」、「ママいた!」という語尾をつけた話し方もできるようになった。

■動物。
ちょっと前までは「わんわん」や「にゃんにゃん」だったのが、こちらが教えているのもあるせいか、「わんわん、いぬ~」、「にゃんにゃん、ねーこー」、「ぱお~。ぞうっ!」と言うようになった。
他には「がお~。ナイオン!(ライオン)」、「へび」、「カエル」、「エビ」、「フィッシュ」等々。

■乗り物
乗り物はその昔、電車も車も何かもかも「ぴーぽー」だったけれど(懐かしい)、今は違いがわかって少し言えるようになった。
「くるま」(たまにブーブー)、「バス」、「アック!(トラック)」、「しょーぼーぼ。(消防車)」など。

そして不思議なことに、教えてもいないのに、汽車と電車の違いを見分けて言い分ける。
汽車は「しゅっぽっぽ」、電車は「トントン」。
トーマスシリーズは「しゅっぽっぽ」、トーマスはまだ言えないらしいのだけれど、「パーシー」はちゃんと言えるようになった。

■食べ物
「お茶」や「ぎゅうにゅう」は言えていたけれど、それを使い分けれるようになった。
その他は「パン」、「にぎ(お握り)」、「いち(苺)」、「バナナ」、「おかし」、「おせんべ」等々。

2歳になろうとしているレオ。今月はどんな成長を見せてくれるか楽しみです。

     お猿さんに窓の外を見せてあげているレオ(お猿さんのお顔、逆だけれど・・・)
c0025528_11562786.jpg

[PR]

by berty | 2005-03-27 04:16 | こども・子育て
2005年 03月 11日
み~つけた
c0025528_1127714.jpg


お気に入りのファイアーキングを幾つか置いている、ちょっと背の低いシェルフ。
なので覗き込むようにしないと見えないのだけれど、今日見たらこんな物が。
これは・・・レオが自分のお鼻を拭いたティッシュじゃないのよ~。

1週間前位からお鼻が出ていつまでも止まらない彼。
教えもしないのに、鼻が出たと思ったらティッシュを一枚取って、自分でふきふき。
そしてそれをなぜかここに溜め込んでいた様子。どうしてここを選んだのか・・・。

今日は親子丼を作った。奥薗嘉子さんの「子どものレシピ」本によると、奥薗マジック的には鶏肉はミンチを使うとの事。
早速鶏肉をFPでガーッ!とミンチにして今日は作ってみた。

結果は・・・見事惨敗・・・!奥薗マジックも今日は効果なし。
息子よ息子、君はどうしてそうも食べない物が多いのかね・・・?

c0025528_1216613.jpg

[PR]

by berty | 2005-03-11 11:24 | こども・子育て
2005年 03月 09日
父の作品
朝、夫が出て行った後、面白い物が机の上に・・・!
これ↓、夫が息子に朝描いてあげたらしい絵。(私はその場を見ていないのだけれど)
c0025528_11305531.jpg

見て笑えました~。ご丁寧にも『ワンワン』って書いてある。しかも胴体に。
夫のこの犬、私はいつも狼みたいだな~って思ってしまう。
でもよく見ると、足も4本一応ちゃんと描いてあって、そこがまた私の笑いのツボをくすぐります。
(しかもなぜか耳が3つもあるけど?)

そしてもっと笑ったのがこの絵。↓
c0025528_11314680.jpg

きゃぁ~~~~っ!!これは一体何者~???
鼻が長い所を見ると、どうやらゾウを描いたらしい。
でもこのゾウ、なんと耳がない・・・! 気持ち悪いよ~!

忙しい朝の支度の合い間に描いてあげたようなので、描き忘れだとは思うけれど、ほんとこの絵を見つけた時にはひとりで大笑いしてしまった。(笑った上に勝手に紹介しちゃってごめんね!)
[PR]

by berty | 2005-03-09 10:51 | こども・子育て
2005年 02月 23日
レオの絵
c0025528_12195754.jpg

この絵、1歳10ヶ月になろうとしているレオが描いた飛行機の絵。
多分他人から見たら??な絵だろうけれど、私はすごく感動しました。
ちゃんと飛行機の胴体と窓、それから翼らしきものも・・・。
今まで絵を描いてもぐちゃぐちゃだったのが、最近はすこ~しずつ、絵らしくなってきている。
ちなみに私がいつも、5秒位で適当に描いてあげる飛行機の絵はこんな感じ。↓
c0025528_12255632.jpg

彼のこの絵は、この私が描く絵を参考にしているので、特徴をよく捉えてるなぁ・・・と感心するのは私が思い切り親バカだから??でも窓をポツポツ・・・とペンを使って描いた時はちょっとびっくりして嬉しかったなぁ。(←やっぱり親バカ)

c0025528_12371564.jpg彼はお絵描きが大好きで、毎日ぐるぐるぐるぐる何かを書いている。
描くその手もそれなり(→)で(ペンを意外にも正しい持ち方をしてたりして)、そしてその横顔はとっても真剣!真剣すぎて笑えます。
それで、私にも「ヒコーキ!」「わんわん」「クマ」などと言って、自分が描いて欲しい物を次々と注文。それがまた毎日しつこくてしつこくて・・・。
特に自分が好きなヒコーキの絵は一日に10回~20回も描かされる。
終いには私の投げやりなヒコーキや犬の絵がいつも紙一杯に。

そしてもうひとつ、レオが描いた絵。これ、なんでしょう~???
c0025528_12362549.jpg
レオに、「これ、なぁに?」と聞くと、「おっぱい。」だって~っ。ぎゃ~っ。
実はまだ断乳をしていなくて、寝る前のおっぱいだけは続けているのだけれど、その時間は彼にとって未だに至福の時間らしく、「おっぱい」と言うだけで目が輝き笑顔になる。
(でも日中はもう欲しがらない。ちょっと恥かしい気持ちも芽生えて来てるようで)
その彼が描いた愛しいおっぱいなのでした。

さて。今日の夕飯、未だにまだひとりでしつこくカレーブームか??という感じにまたカレー!
c0025528_12394327.jpgなんだか、食べたい物がまたカレーだったんです・・・。ちょっと風邪気味なので、そういう時って辛い物が食べたくなる私。
ちなみに今日作ったのは「ひよこ豆のココナッツカレー」。
野菜を全部みじん切りにして炒めて、ココナッツミルクを入れて煮て、最後にひよこ豆を入れてまた少し煮るだけ。
ひよこ豆がいい感じに、ちょっと素朴な感じのカレーです。
本当はスパイスとカレー粉を使って作るつもりでしたが、今日はちょっと微熱があったのもあってか、途中でやる気をなくしてしまい、カレールウを使ってしまいました・・・。

明日は急に友達の子供を預かる事になり、朝8時半に彼女の家に出勤!
今日は早く寝て体力を温存しておかねば・・・。
[PR]

by berty | 2005-02-23 12:18 | こども・子育て