カテゴリ:妊娠・出産(アメリカ)( 9 )

2007年 03月 03日
生まれました
c0025528_5101529.jpg

2007年2月15日午前4時13分に、3335gの女の子が無事に生まれました。

予定日より早く生まれるだろう(生まれて欲しい!)・・・とずっと思っていたのに、待てど暮らせど全く陣痛が来ず、とうとう迎えた13日。
翌日の14日が帝王切開の予定日だったので、もう自然分娩で生むことをあきらめてその夜は寝たのだけれど、なんとその夜中に陣痛が始まり、まるでどんでん返しのように自然分娩で生む事ができました。

お産は25時間もかかり、日付は変わって15日が誕生の日となりました。
長く大変なお産だったけれど、前回の帝王切開のお産から自然で生めた事は、私にはとても幸せな出来事でした。

誕生から2週間、今は授乳の寝不足と戦う毎日だけれど、産後の体調も良く、赤ちゃんも元気で、ヘルプに来てくれた親に思い切り甘えさせてもらって、楽しい産後ライフ(?)を送っています。
前回のお産と全く違う~!
でも落ち着くまでもう少し、かな?
[PR]

by berty | 2007-03-03 04:49 | 妊娠・出産(アメリカ)
2007年 02月 04日
39週2日
27日に日本からのヘルプ隊として父達が無事に到着してくれ、もういつ産まれてもいい状況になったけれど・・・まだ産まれない~。
ま、予定日までまだ数日あるのだけれど。
到着する直前は、もう産まれるかも!?と思っていたのに、到着したらしたで、なんだかその気配さえもなくなったような・・・お腹が張る回数も減っちゃったし。
レオとの遊びや家事をかなり手伝ってもらい、色々してもらって、私の体が一挙に楽になったせい・・・?
でも父達とは毎日ランチや買い物に行ったりして、何気に赤ちゃんが産まれる前の生活を楽しんでいたりして。

先週1日の検診(38週6日)では、まだ子宮口は開いていない&赤ちゃんは触れる位に下りている、というその前の週に続き同じ状況だった。

日曜日の今日は夫にみんなをダウンタウンに連れて行ってもらい、私はひとり家で留守番。
本当は一緒に行く予定だったけれど、前日夜中3時にトイレに起きた後、なぜか眠れなくなって・・・姉に電話したのでした。
そこから1時間半も話してしまって、2度目に寝たのは5時過ぎていた。
その時点で行く事を断念。
予定日一週間を切っているし、寒波(日中でもマイナス15度くらい!)の中遠出をするのも良くないしね。

お陰で数年ぶり?に家の中でひとり何時間も過ごし、午後2時間くらい昼寝もしてゆ~っくり休めた。
レオを生んだ時は母がひとりで来てくれて、その時は、少しはNY観光してもらわなくちゃと外出をしたりして、疲れたまま出産を迎えてしまった経緯もあるので、今日は休めて良かったかも。

そんな今日は夕方からいつもよりお腹の張りというか収縮を頻繁に感じる。
でも痛くはないし、まだ陣痛には程遠いなぁ・・・。
皆が「まだ気配ない?」なんて聞いてくるけれど、ないよ。
父も「なんだか心配になってきたなぁ。」なんて言っている。

14日の帝王切開の予定日までに自然に陣痛が来て産まれて来てくれたらいいのに、と思ってはいるけれど、でもきっと赤ちゃんは自分で産まれる日を決めて産まれて来るのだろう。
もう、いつでもいいよ、赤ちゃん。
みんなで、待ってるよ。
[PR]

by berty | 2007-02-04 12:04 | 妊娠・出産(アメリカ)
2007年 01月 26日
37週6日
昨日お腹が痛かった事を友達が心配して朝早くに電話をくれる。
「生まれちゃってたらどうしようかと思って~・・・!」と言われた。(笑)
昨日のあの時、私の顔色も悪かったそうで、結局心配をかけちゃった。

でも今日は痛みはなく、でもちょっと家の中を歩くだけでもお腹が張る。
それと右足の付け根がつって、ひどく痛くなったりする事が今日は数回あった。

それでも午前中はトイレ掃除や洗濯、片付け等。
明日、とうとう日本から父達が来る・・・!
来てくれたらもう安心だけど、でもまだ部屋の準備も整ってない~。

午後からはトールペイントのクラスへ。
去年の10月から始めたこのトールのクラス。とっても楽しい。唯一の私のための時間です。
(レオ達は他の部屋でみんなで遊んで待ってくれている)

夕方終って家に戻り、明日の為の煮物を作ったり、あっという間にレオによって散らかされた部屋を片付けたり・・・。
遠く日本から来てくれる父達の為に、せめてご馳走を用意したいけれど、何も出来ず。
レオの出産時にも母が来てくれた時は前日に歩いて買い物に出かけ、ご馳走も何品も作った記憶があるのだけれど、やはり今回は違う~。年も違うし~。

体がきついし、お腹が張るので、レオがいつものように私にちょっと体当たりしてきたりするだけで、「コラ!」。
ちょっとしたことでもイライラ。
臨月は精神的にも不安定な時期らしいそうだけれど、私がかなりのイライラ気味でレオがかわいそう。
家に戻ってご飯を作ったり色々用事をこなさくちゃいけない中、延々レオに話しかけれることにも疲れてひどくうるさく感じられ、「あーそう。すごいねー。」「へー。いいなー。」とか適当に返事をしてしまう。
ふと我に返ってレオの顔を覗き込むと、にっと笑って私を見つめ返すその目のきれいなこと。
ごめん・・・。

もうしんどいので早く生まれて欲しい、早く元の体に戻りたいという欲求が臨月を入り強くなったけれど、今日クラスで、「そう思ってて産まれたら、お腹にいる時の方が楽だった~って思うんだよね~。」と皆言っていて、そうか・・・、そういえばそうかも・・・思いつく。
またあの寝れない生活が始まるんだよね。
[PR]

by berty | 2007-01-26 13:40 | 妊娠・出産(アメリカ)
2007年 01月 25日
37週5日
今日は午前中にプリスクールのカンファレンス。
子供は連れて行ってはいけないので、同じプリのママ友の家にみんなで子供達を10時に預け、自分の時間が来たらプリスクールへ行って先生と面談。

先生には「He's very sweet boy!」と言われた。
プリにはすっかり慣れたし、色々な遊びをしていると。
問題もなさそうだけど、片付けのアシストの欄にはP(Poor)のマークが・・・。
片付けはあまりしないらしい。やはりそうか。
家でも何度言ってもしなかったレオだけれど、でも最近、「レオもやる~。」とか言ってやっと少しやるようになってきた所。
先生にもそれを伝えて、片付けの時、何度も彼に促してくれるようにお願いする。

帰ってレオに学校でお片づけしてるかと聞くと、「してるよ。」だと。
じゃぁ今度からも、お片づけの時間はみんなと一緒にちゃんとお片づけしてね、と言う。

今日はそのままレオを預かってもらい、午後から検診へ。
最後のウルトラサウンド、ノンストレステストを受ける。
ウルトラサウンドではかなり長い時間をかけてやってもらった。(研修生もいた為)
この時期仰向けに寝る事は辛いので、最後の方は疲れて「もう限界ですぅ~。」と言いたくなった・・・。(言えなかったケド!)

でも赤ちゃんの顔もはっきり見れて感動。
目を閉じ、左手で目をこすったりしていた。
ほっぺもふっくらで、気持ち良さそうな顔をしていた。
「夫に似てるなー。」と思った。

その後またソファーに寝た状態になってノンストレステスト。
お腹に機械を巻いて、赤ちゃんの心拍と動きをチェックするのだけれど、この間、長いウルトラサウンドでぐいぐいやられて赤ちゃんも疲れたのか、ぐっすりと眠っている様子。
ピクリとも動かない。
でも動かないとチェックにならないようで、ナースが時々来ては、お腹にブザーを当てて鳴らしてみたり、お腹をコチョコチョくすぐってみたり(私がくすぐったいよ・・・!)、ミントキャンディを食べさせられたり・・・あの手この手で起こそうと試みるが、赤ちゃんはぐっすりご就寝。全く動かず。
その為に私はまたずっと同じ姿勢で寝かせられたまま・・・。
「起きてー。」「動いてー。」と私もお願いする。

普通20分位で終る所、私は倍の時間取り続け、最後の方にやっと動き始めてくれて、それをチェックした後にようやく終る。
長かった・・・。

その後内診。
子宮口は「not really open」、でも指で頭を触れたそうで、pushingしているから、体がきついでしょう?と言われた。
そしてウルトラサウンドの結果も、ノンストレステストの結果も良好とのこと。
今の赤ちゃんの推定体重はなんと3100g。
でかい・・・!と私はびっくりしたけれど、先生はJust Sizeとのことで丁度良いらしい。
レオが産まれた時の体重が2690g、それを小さいと言って今回もウルトラサウンドを受けることになったのだけれど、日本だとレオの体重はそこまで心配する程小さくもないような・・・。
日本のように小さく生んで大きく育てる、という観念はないようで、とにかく低体重児の方を心配するようだ。

というわけで、今日は帝王切開の予定日が、2月14日に決定・・・!
この日がギリギリ待てる日にち。
この日までに自然分娩できなかったら、バレンタインデイが赤ちゃんの誕生日になる。
Sweetな日だから、それもちょっと嬉しい。

2時間以上の長い検診を終え、レオを預かってくれているママ友の家に一目散に帰る。
それからプリの先生から頼まれた作業をやったりする。
6時頃、そろそろ帰らなくちゃ・・・と思い始めた頃に、下腹が痛くなってきた。
心配をかけては悪いので、もう帰るね、って言って、片づけをしたりレオを促したりしたけれど、友達が後でレオを家に送ってくれることになって、私だけ先に帰らせてもらう。
家に帰りソファーに横になるけれど、痛みは治まらず、お腹も張っている。
でも痛みが定期的に来る訳でもなく、ずっと痛いので陣痛ではない。

レオが戻って来て、お腹痛いと言う私に毛布をかけてくれたり、大人しくしてくれていたけれど、「ママ、お腹すいた。」と。
もう7時なので、確かにすいただろうと、起き上がってご飯の支度をする。
その頃には少し痛みも引いて大丈夫になってきたような気がする。

その後レオをお風呂に入れたりする間、痛みは治まったけれど、何かお腹が張るような感じで歩くのがやっと、と言う感じだった。
その後、お腹の痛みと張りが来たり止んだりを繰り返す。
もしかしたら前駆陣痛かな?

長い一日だった。
疲れた。
[PR]

by berty | 2007-01-25 13:03 | 妊娠・出産(アメリカ)
2007年 01月 23日
妊娠37週3日
出産まで体調をキロクしておこう。

今日は久々にすご~く体調が良くて体にもエナジーがみなぎっている感じ。
少し早めの時間に寝たのが良かったのか、トイレに起きる回数はいつもと同じだったし・・・。
というわけで、朝から掃除洗濯の家事に精を出し、午後からは買い物を3件。(トレジョーと、TJ MAX、GAP)
家に帰ってからも、夕飯作りの他に野菜の下ごしらえ等をし、レオをお風呂に入れて寝かしつけた後はアイロンかけ等・・・。
ガンガン働ける~という感じだった。

で、寝る頃には・・・体が張って痛い。腰も背中も、腕の付け根も張ってる感じ。
夜中にトイレに起きる時は恥骨辺りも痛いし、文字通りヨタヨタと歩く。
ちょっと体調がいいからって、さすがに動きすぎた・・・?

明けて今日はダルダル。
寝不足な感じだし、体もだる~い。
お腹もすごく張っていて歩きにくい。ヨタヨタとカニ歩きになってしまう。
おまけにレオまで「ねむいから学校いかない。」と言う。

今日も色々やらなくちゃいけないことがあったのに、残念ながらまたできなさそう・・・。
今日から3日間、夫は出張で不在だし、何事もありませんように。
[PR]

by berty | 2007-01-23 01:15 | 妊娠・出産(アメリカ)
2007年 01月 21日
37週検診
臨月に入ってから急に体もきつくなって、あと数週間もこの体で持てるかな~と自分でも心配な最近の私。

妊娠してからというもの、毎晩3回位トイレに起きるようになっていることもあるせいか、朝起きても体がだるくて何もする気になれない程だったり、パソコンを見ると頭がクラクラするようであったり、ご飯を一品作るだけでも「ふ~・・・!」という感じで、最近は本当に手抜きご飯、手抜き家事ばかり。。。

レオを妊娠していた時は全期間すこぶる好調で、臨月でも小走りできるよ?ってな感じだったけど、今回はしんどいな~、きついな~、ばっかり言ってる気がする。
と、年のせいかしら・・・?

今週、めでたく37週に入った。
一般的には37週に入れば、正期産の域に入るはず。もういつ産まれてもいいということ。
そう、もういつ産まれていい位に私のお腹も膨れてるよ・・・!
ここ数日で、ずっとできてなかった妊娠線もまたもやピリリ・・・とできてきたよ。
妊娠線予防のクリームは毎晩塗っていたけれど、ここに来て更にせり出したお腹に、さすがの皮膚も耐え切れなかったみたい・・・。
毎日見てるはずの夫も、お腹に目を留める度に、いちいち「でかい・・・。」と感心してるし。

今週の検診から、いつもの尿検査、血圧チェックに加えて内診も始まった。
とてもナイスな女医さんなので、内診もどんと来~い!だ。
内診の結果、まだ子宮口は開いていないとのこと。
でも赤ちゃんはVery Lowと言われた。
日本で言う、「下りてきた」ということかな?

そして来週、再度のウルトラサウンドと、ノンストレステストを受け、それで帝王切開をする日を決める事になった。
その日までに自然陣痛が来なかったら、帝王切開で生むことになる。
まだ子宮口は開いてないそうだし、いつ陣痛が来るかなぁ・・・。

次の日のプリスクールのお迎えの時には、ママ友みんなに「お腹が下りて来たね!」と言われた。
自分では分からないのだけれど・・・。
でもここ数日で、お腹の空き具合が違って来てるので(お腹が空くようになって食欲が増した感じ?)、本当に下がってきたのかもしれない。

来週末には日本からヘルプで親も来てくれるので、いよいよという感じ。
しかしまだ名前は決まってないわ、部屋も準備できてないわ、体はきつくて物事は全くはかどらないわ、で、最後までどたばたしそうな予感・・・。
上に子供がいると、妊娠期間はのんびりとか、ゆったりとかは全く出来ないものなのだと、つくづく痛感です。
妊娠中もどたばた、出産直前さえもどたばた・・・レオを妊娠していたあの、さも妊婦らしい、平穏で平和な日々は、今回ついぞ来ないままだった気がする・・・。
[PR]

by berty | 2007-01-21 14:16 | 妊娠・出産(アメリカ)
2007年 01月 19日
夫婦でデートランチ?
先週の土曜日、病院ツアー(出産前に病院の部屋の様子を見て回る)に行って来た。
本当はもっと早い時期(遅くとも8ヶ月とか?)に行くべきだったのに、ボヤボヤしてたら、臨月に慌てて行くという・・・。
子供は不可だったので、近所のお友達がレオを預かってくれ、しかも「ランチもして来ていいよ!」と優しい言葉を。
レオは紙袋に入れたお友達へのお土産を自分で片手に持ち、張り切って友達の家にお邪魔していた。(笑)

病院ツアーは、レオの出産の際の時と、まー殆んど同じかな?
陣痛が来たら何も食べてはいけなくて(日本では陣痛が始まったら体力をつける為に軽い物を食べなさいと言われると思うのだけれど・・・?)、病院に入ったら氷しか口に入れてはダメだとか・・・そういう説明を所々受けつつ、LDR(陣痛と出産を一緒にする部屋)や、新生児室なんかも見て回った。
産まれたばかりの新生児、やっぱりかわいい!目が釘付けになってしまった。
赤ちゃんが生まれると院内でオルゴールの音楽が流れるみたいで、その日もその音楽が鳴っていて、あー、たった今、ここで新しい命が産まれたんだーって思うと、それだけで感動した。

普通分娩の際は入院期間は2泊3日、帝王切開は4泊5日、ここの病院に入院するのだけれど、まーそんなもんでいいかも・・・というのが、私のアメリカの病院の感想です。
日本の病院みたいに美味しいご飯とか出ないしな~。

さて。無事にツアーも終わり、友だちの言葉に甘えて夫とランチ♪
でも行く所なくて・・・結局近くのイタリアンへ。
アペは夫が全部決めましたが・・・

牛肉のカルパッチョ。
c0025528_1431279.jpg

生ハムとルッコラのサラダ。
c0025528_1433854.jpg
なんか両方お肉だし・・・。
私はお肉系は妊娠以来あまり欲しくないのよ・・・。生ハムは全然食べたくないし・・・。

そしてここのレストラン自慢のピザ。(生卵が乗っていてそれをつぶして食べる。)
c0025528_1443943.jpg
っていうか、また生ハム乗ってるし・・・!?

あとはトマトパスタ。
c0025528_14103248.jpg

なんか微妙にメニュー選びを間違った気がしますけれども・・・?
まー、そこそこ美味しかったし、ふたりで少し時間に焦りつつも(レオのピックの時間が気になって)、ゆっくり食べれたので良かったかな~。

夫婦ふたりきりでご飯を食べるなんて滅多にないから、もっとこういう機会が持てたらいいなぁって夫もよく言ってくれるのだけれど、なかなか実現は難しいもんね。
でもこの日は友達のお陰。ありがとね!
[PR]

by berty | 2007-01-19 14:12 | 妊娠・出産(アメリカ)
2007年 01月 06日
Surprise!
そういえば。
c0025528_1273100.jpg
先月、近所の友人達がベイビーシャワーをしてくれました。
忘年会をしよう!という話で集まったのだけれど、会場であるお家へ行くと・・・部屋がなんか暗い?
で、いきなり「サプラーーーーイズッ!!!」と一斉にみんなが・・・。
びっくりしたー。
c0025528_1312810.jpg
部屋は飾りつけもしてあって、私が座る椅子にさえにも飾りつけが。
テーブルの上にはみんなが用意してくれた手巻き寿司や、いなり寿司、煮物等々・・・が並んでいました。
どれもと~ってもおいしかった!

c0025528_5501433.jpgc0025528_5503236.jpg







c0025528_5532558.jpg
ギフトカードのプレゼントまで頂いちゃった・・・!
とっても嬉しかったです。みんなどうもありがとう!

その日家に帰ってから、まだ会社の夫に電話をし、みんながサプライズパーティを開いてくれたことを話し、「私、感動して涙出ちゃったよ。」と言うと、夫も「うん。俺も今聞いてて涙出そうになったよ。」と言う。(笑)
その話を次の日みんなに話したら全員爆笑!(笑)

出産を控え、近所の誰もがいつも、「レオくんのプリは送ってあげるよ」とか、「もし陣痛が来たら、電話くれたら誰かが病院に送ってあげるから!」とか言ってくれる。
私は、こんな暖かな環境で、2番目の子を授かれる事を本当に本当に幸せだなぁって思う。
生まれてくる子にとっても。

そして昨日の34週の検診では・・・
[PR]

by berty | 2007-01-06 06:18 | 妊娠・出産(アメリカ)
2006年 12月 08日
A Breech Baby
今日も日中の最高気温が-10℃(14F)。
でも風はなく、日も差しているのでまだマシかも。(でも外に5分といられないけど)
そんな中、ひと月ぶりの8ヶ月検診へ行く。

レオが生まれた時、5lb15oz(2693g)の小さ目な赤ちゃんだった為、今回ちゃんと大きく育っているか、それと逆子かどうかのチェックをする為に、今回はウルトラサウンド(エコー)もあり。
アメリカでは通常ウルトラサウンドは、全妊娠期間を通してたったの2回(初期と中期のみ)しか行われないのだけれど、私は今回で3回目。ちょっとラッキーな気もする。
赤ちゃんを見れるということで夫もランチ時間に抜け出し張り切って来てくれた。
(いつもは遅れて来るのに今日は時間ぴったりに来てくれたよー)

一時間前から水を沢山飲んでトイレは我慢するように(膀胱を膨らませてる方が見やすいらしい)、と言われているので、トイレに行きたい~!という辛い状態でウルトラサウンドにかかった。(頻尿でしょちゅうトイレに行きたくなる妊婦にこれは結構な我慢大会)

お腹の赤ちゃんは元気だった。
心臓がパクンパクンと、とても力強く動いていた。
その心臓の動きを見てるだけで、涙がポロリ。
その力強さにか、ちゃんと生きてるって実感したからか、赤ちゃんへの愛しさからか。
よく分からないけれど。

今回妊娠して以来、あまりその実感や喜びを噛み締める暇もない日々で、レオの世話やレオのことで毎日が一杯一杯で、お腹の赤ちゃんへ意識が殆んど行かず、いつも申し訳ない気がしてる。
レオの時は妊娠日記もつけたり、毎日お腹に話しかけたり歌を歌ったり、とにかくお腹の赤ちゃんと共に生活してる、って感じだったけれど、今はソファーにゆっくり座る暇もないし、そんな余裕もなく。
画面に映る赤ちゃんの姿に胸が一杯になる自分にちょっと安心した私。(笑)

赤ちゃんのお顔もばっちり見えました。
ほっぺも大分ふっくらして、まさしく赤ちゃん!という感じ。
お口をパクパクして羊水を飲んでいた様子も見えて。
そのお顔がすご~くかわいいのです!
夫も「Pretty!」連発。
私も「わー。すごく可愛い子!」と心の中で叫び、夫婦揃って親ばか炸裂。
レオはいまいち分からぬ様子で、ひたすらに「シンゾーは?シンゾーは?」と言っていた。(笑)
最初に見えた心臓のパクンパクンだけが印象的だった様子。
c0025528_6334463.jpg
これが今日のウルトラサウンドの写真。
赤ちゃんの顔の部分の写真なのだけれど、こちらを向いて、目と鼻と口がくっきり写ってるのが分かるかなぁ?
え?ナンですか?お化けみたいだって??
でも確かにこれを見て、可愛いだの美形な子だの言ってる私達は確かに親ばか。
けれど、画面ではもぐもぐ動いているし、本当に可愛いらしい顔に見えたのです。

赤ちゃんは「Everything looks good!」で、大きさももノーマルで、なんともう3lb11oz(約1.7kg)あるらしい。
ちょっとだけ大きめで、予定日はウルトラサウンド上では一日早まっていた。

でもでも。
ナント赤ちゃんは逆子でしたー・・・!
実は何日か前からか、胎動が下の方ですることに気づき・・・やたら下でパコンパコン蹴ってるのです。
もしやこれは逆子なのでは・・・と密かに思っていて、逆子って英語ではナント?と、病院に行く前に辞書を引き引き。
逆子は英語でThe breech babyというのでした。(知らなかった。The upsidedown babyぢゃなかったのね・・・苦笑。)

ただいま妊娠31週(8ヶ月の最後)。
出産までに直ってくれるのか。
日本には逆子体操があるらしいけれど、こっちにはそんなものはない様子。
逆子体操の事を言うと、「あらそう?じゃ、やってみるといいかもね。私はやり方は知らないんだけど。」と言われちまった・・・。

もし逆子が直らなかったら、やっぱり帝王切開ね。と言われる。
レオの出産の時は緊急帝王切開で生んだので、今回の出産も帝王切開になるのはフィフティフィフティの確立と元々言われている。
でももし可能性が少しでもあるのなら、自然で生みたい。お腹をもう切りたくない。というのが私の希望で、検診の度にその話になる。
でもその上に逆子と来れば・・・またお腹を切らなくちゃいけない確立はぐぐっと上がった訳で・・・。

逆子体操、どうやってやるのか早速調べなくちゃ。
お灸も効くと何かで聞いたけれど、本当かしら。
お灸、日本から送ってもらわなくちゃかしら・・・。
逆子、直るといいなぁ。



追記
7ヶ月検診の時に行った、甘~い液体を飲み、その一時間後に血を抜くという糖の検査に見事引っかかり、1週間後に4時間病院に缶詰で再検査した私。
それは一応クリアになり、大丈夫だったのだけれど、数値が少し高かった訳だから、今日ドクターから、「ライスに気をつけなさい。」と言われた。(日本人の主食がお米だと知っていて)
お米は糖が一杯あって良くないとか。
私は米好きじゃなくてパン好きなのだけれど、今回妊娠してからは妙にお米好きになっているので(つわり中もご飯にお茶をかける、というパターンで頑張った)、お米を我慢するのは辛いなぁ。
でもとりあえず、ご飯少な目と、お菓子は食べないようにしてガンバりたい・・・!
(と言いつつ、今日は夫土産の羊羹を食べちゃったけど。全然駄目じゃんっ。)
[PR]

by berty | 2006-12-08 07:02 | 妊娠・出産(アメリカ)