カテゴリ:家族( 1 )

2005年 11月 22日
げんきでいてほしいな
一昨日、夫の両親から電話がありました。
実は10月の終り、義父が急にお箸が持てなくなり、病院へ行ったら即入院ということに。
幸い大事には至らず、今週には退院できて、今はリハビリ中だそう。
それでも左脳の血管が細くなっていて本当は手術も必要らしく、それを聞いた私達はショックでした。

一昨日の電話で、「お義父さん、大丈夫ですか?」などと体の心配をしていたら、何か言葉を言いながらも、ちょっと無言があったりで、義父は泣いているような・・・?
夫が同じく心配する言葉をかけた時も、「泣いているようだった・・・」そうです。
c0025528_5561296.jpg

私の実父の性格が、とても明るくオープンで、若者の話にもどんどん入ってくるようなタイプなのに対し、この昭和初期生まれの義父が、いつも怒った様な話し方や命令口調をして、頑固な変わり者、という感じなので、なかなか馴染めそうもない・・・と結婚当初は悩んだものでした。

でも結婚して6年、その間ずっと、とても可愛がって頂き、そして私も、義父のその裏にある優しさや、家族への深い深い愛情を見ていく内に、自分の実親のような愛情や感謝を持つようになりました。
結婚って、こういうものなんだなぁ・・・ということを最近感じたりもする私です。

結婚して以来、NYでずっと暮らし、会うのも一年に一度(しかも滞在日数が私の実家や姉の家よりかなり短い・・・!苦笑)、親不孝だ~。
一昨日の電話では、近い内に家族で帰って来い、という話でしたが、これからももっとそういう時を頻繁に持てたらなぁ・・・と思います。(でも日本は遠いのよね~・・・涙)

「親孝行、したい時に親は無し」
最近はこの言葉が時折浮かんでくる。
私の実両親にも、義両親にも、もっと親孝行していかなくちゃ・・・と思います。
そしてやっぱり、いつまでも元気に長生きして欲しいなぁ・・・。
[PR]

by berty | 2005-11-22 04:51 | 家族