2006年 12月 08日
A Breech Baby
今日も日中の最高気温が-10℃(14F)。
でも風はなく、日も差しているのでまだマシかも。(でも外に5分といられないけど)
そんな中、ひと月ぶりの8ヶ月検診へ行く。

レオが生まれた時、5lb15oz(2693g)の小さ目な赤ちゃんだった為、今回ちゃんと大きく育っているか、それと逆子かどうかのチェックをする為に、今回はウルトラサウンド(エコー)もあり。
アメリカでは通常ウルトラサウンドは、全妊娠期間を通してたったの2回(初期と中期のみ)しか行われないのだけれど、私は今回で3回目。ちょっとラッキーな気もする。
赤ちゃんを見れるということで夫もランチ時間に抜け出し張り切って来てくれた。
(いつもは遅れて来るのに今日は時間ぴったりに来てくれたよー)

一時間前から水を沢山飲んでトイレは我慢するように(膀胱を膨らませてる方が見やすいらしい)、と言われているので、トイレに行きたい~!という辛い状態でウルトラサウンドにかかった。(頻尿でしょちゅうトイレに行きたくなる妊婦にこれは結構な我慢大会)

お腹の赤ちゃんは元気だった。
心臓がパクンパクンと、とても力強く動いていた。
その心臓の動きを見てるだけで、涙がポロリ。
その力強さにか、ちゃんと生きてるって実感したからか、赤ちゃんへの愛しさからか。
よく分からないけれど。

今回妊娠して以来、あまりその実感や喜びを噛み締める暇もない日々で、レオの世話やレオのことで毎日が一杯一杯で、お腹の赤ちゃんへ意識が殆んど行かず、いつも申し訳ない気がしてる。
レオの時は妊娠日記もつけたり、毎日お腹に話しかけたり歌を歌ったり、とにかくお腹の赤ちゃんと共に生活してる、って感じだったけれど、今はソファーにゆっくり座る暇もないし、そんな余裕もなく。
画面に映る赤ちゃんの姿に胸が一杯になる自分にちょっと安心した私。(笑)

赤ちゃんのお顔もばっちり見えました。
ほっぺも大分ふっくらして、まさしく赤ちゃん!という感じ。
お口をパクパクして羊水を飲んでいた様子も見えて。
そのお顔がすご~くかわいいのです!
夫も「Pretty!」連発。
私も「わー。すごく可愛い子!」と心の中で叫び、夫婦揃って親ばか炸裂。
レオはいまいち分からぬ様子で、ひたすらに「シンゾーは?シンゾーは?」と言っていた。(笑)
最初に見えた心臓のパクンパクンだけが印象的だった様子。
c0025528_6334463.jpg
これが今日のウルトラサウンドの写真。
赤ちゃんの顔の部分の写真なのだけれど、こちらを向いて、目と鼻と口がくっきり写ってるのが分かるかなぁ?
え?ナンですか?お化けみたいだって??
でも確かにこれを見て、可愛いだの美形な子だの言ってる私達は確かに親ばか。
けれど、画面ではもぐもぐ動いているし、本当に可愛いらしい顔に見えたのです。

赤ちゃんは「Everything looks good!」で、大きさももノーマルで、なんともう3lb11oz(約1.7kg)あるらしい。
ちょっとだけ大きめで、予定日はウルトラサウンド上では一日早まっていた。

でもでも。
ナント赤ちゃんは逆子でしたー・・・!
実は何日か前からか、胎動が下の方ですることに気づき・・・やたら下でパコンパコン蹴ってるのです。
もしやこれは逆子なのでは・・・と密かに思っていて、逆子って英語ではナント?と、病院に行く前に辞書を引き引き。
逆子は英語でThe breech babyというのでした。(知らなかった。The upsidedown babyぢゃなかったのね・・・苦笑。)

ただいま妊娠31週(8ヶ月の最後)。
出産までに直ってくれるのか。
日本には逆子体操があるらしいけれど、こっちにはそんなものはない様子。
逆子体操の事を言うと、「あらそう?じゃ、やってみるといいかもね。私はやり方は知らないんだけど。」と言われちまった・・・。

もし逆子が直らなかったら、やっぱり帝王切開ね。と言われる。
レオの出産の時は緊急帝王切開で生んだので、今回の出産も帝王切開になるのはフィフティフィフティの確立と元々言われている。
でももし可能性が少しでもあるのなら、自然で生みたい。お腹をもう切りたくない。というのが私の希望で、検診の度にその話になる。
でもその上に逆子と来れば・・・またお腹を切らなくちゃいけない確立はぐぐっと上がった訳で・・・。

逆子体操、どうやってやるのか早速調べなくちゃ。
お灸も効くと何かで聞いたけれど、本当かしら。
お灸、日本から送ってもらわなくちゃかしら・・・。
逆子、直るといいなぁ。



追記
7ヶ月検診の時に行った、甘~い液体を飲み、その一時間後に血を抜くという糖の検査に見事引っかかり、1週間後に4時間病院に缶詰で再検査した私。
それは一応クリアになり、大丈夫だったのだけれど、数値が少し高かった訳だから、今日ドクターから、「ライスに気をつけなさい。」と言われた。(日本人の主食がお米だと知っていて)
お米は糖が一杯あって良くないとか。
私は米好きじゃなくてパン好きなのだけれど、今回妊娠してからは妙にお米好きになっているので(つわり中もご飯にお茶をかける、というパターンで頑張った)、お米を我慢するのは辛いなぁ。
でもとりあえず、ご飯少な目と、お菓子は食べないようにしてガンバりたい・・・!
(と言いつつ、今日は夫土産の羊羹を食べちゃったけど。全然駄目じゃんっ。)
[PR]

by berty | 2006-12-08 07:02 | 妊娠・出産(アメリカ)


<< A Christmas Party      ゆき >>