2006年 02月 02日
ふう~!
6年と3ヶ月、という間住んだNYを去り・・・
c0025528_1351442.jpg

数日間のホテル住まいを経た後、引越しを終えて新しい家で3日目の夜を迎えています。
まだまだダンボールの山に囲まれたままの生活だけれど、今日ケーブルも繋がり、インターネットもできるようになり、なんとか初めてちょっと一息つけた感じ。

でもまだ引っ越してたったの3日目なのに、夫は早速出張へ。(出張と言っても、どうやらゴルフもするらしいぞ~。)そして土曜の夜まで帰って来な~い・・・!
そんな中、私はもちろん友人もいなく、車もなく、外も寒くて、息子とふたり、家にひたすら閉じこもって、ウンザリする荷物とウルサイ息子と格闘してます。(笑)
今日息子は、「ここ、レオのウチ?レオのウチ?」と聞いてきたので、状況は少し理解できてるかな~?

それにしても、ここはNYとは全然違って、余りにも静かで、その静かさに驚いてしまう。
ここは郊外で、人も車も殆ど通らなくて、本当にし~んとしてるのです。
あのNYの喧騒・・・車の音、鳴り響くサイレンの音・・・それが私は嫌いだったのに、この静けさの中では、懐かしく感じてしまうから不思議だー。
懐かしくて、NYの友達に電話して声を聞いたら、ちょっとだけ涙が出そうになっちゃいました。





新しく移ったこの家のオーナー夫妻が昨日訪ねて来て、こんな物をプレゼントしてくれました。
c0025528_14263385.jpg

小さなカードには「Welcome!」と書かれてあって。
NYでは絶対にあり得ない出来事です。
家の中の不備も丁寧に聞いてくれた上にちゃんと直すから、と言ってくれ、他にも「何かあったらいつでも連絡してね。」、「子供の学校ことでもなんでも聞いてね。」、と言ってくれたり、とってもナイスな方達で感動しました。
家探しをした日、ここがいい!と、気に入ってすぐに決めたのだけれど、その直感に間違いはなかった・・・!(笑)

まだまだ始まったばかりの新生活。家族3人で楽しんで行きたいと思いマス。
[PR]

by berty | 2006-02-02 13:48 | 日々のこと


<< 最後のNYピッツァ      Good-bye,New Yo... >>