2005年 03月 24日
春はまだかな・・・
c0025528_11503718.jpg

昨日降った雪が積もり、まだ白い世界が残るNY。 春はどこなの~。
木々は全く芽吹いてないし、今日も2℃位の寒さだった。
日本の家族が、「よくここまで頑張ったね。もう冬も終ったね。」などと言ってくれたけれど、それは日本の事で、こっちはまだまだ真冬って感じです~。

そんな「冬はもう終った」らしい日本から、先日届け物が。ひとつ違いの私の姉からでした。
c0025528_11521273.jpg

昨年日本へ一時帰国した際、私がデパートで選んでおいた布地を、姉がミシンでしぼり袋を作って送ってくれました。しぼり袋、こっちでは手に入らなくて欲しかったのです。
ミシンを持たない私は布だけ買って、あとは姉にお願いして(!)帰国の途に着いたのでした。
細かい作業は私と違って得意な姉なので、とてもきちんとキレイに縫ってくれていました。
ひとつにはフェルト生地でお花のアップリケまで・・・!(Thank you!!)

小包はそれらと、あとはなんと息子へのトーマスだらけの贈り物が・・・!

c0025528_11534331.jpg姉が姪っ子ふたりにお店で、「軽くて小さいのを選んでね」と言って(笑)選ばせたらしいのだけれど、Girls3人で散々もめたそう。その騒がしい光景が目に浮かぶようでおかしくなる私。
小包を一緒に開けたレオ、トーマスを見て「しゅっぽっぽ!」と興奮し、(機関車は『しゅっぽっぽ』、電車は『とんとん』と区別して言う)すぐにトーマスの肌着を着たがり、水筒でお茶を飲んでご満悦。
今もタンスを開けると必ずトーマスの肌着を着たがる程気に入っている。

たま~にある日本の家族からの届け物。長く厳しい冬を持つNYいても、私達の心に沢山の元気をくれる。 どうもありがとう・・・!大事にするからね!

さて、今朝はそんな姉達から電話があった。お互い子供の世話に追われたり、時差があるのでなかなか話せないのだけれど、今日は久々に。
レオのMusic Classが午前中にあり、出かける前だったのであまり時間もなかったのだけれど、姉と話し、姪っ子達と代わる代わる話し・・・そして向こうの3人がそれぞれにレオの声を聞きたがるので、電話を持たせると意識して必ず無口になるレオに、私は一生懸命、「ハローは?」や「バイバイは?」、「パーシーって言ってごらん!」や、「またねー」「シーユー!」などを無理やり言わせ、レオがやっとそれを律儀に言うと、電話の向こうではGirls3人が沸き上がっていて、それがまたおかしかったり。
一番年上のGirl(姉)が「かわいい~っ!!」と一番興奮しているのが笑えた今日の朝でした。
[PR]

by berty | 2005-03-24 11:15 | 日々のこと


<< Egg Hunt      アーティチョーク >>